ホタル似の色彩
ホタルガ  (マダラガ科)
Pidorus atratus



                            (2015.6.19:富江町・繁敷)


★分布:日本全土  ★羽を広げた大きさ:50ミリほど  ★出現期:5〜6月、9月    

日本全国で見られ、市街地などでも目にする機会の多いガです。頭が赤、
羽が黒地でホタルのようだというのでホタルガの名があります。黒い羽に
白いラインが入った外観は非常に特徴的で、一度見ると強い印象を残し
ます。名前は知らなくとも、ああ、あのガだ!と思われる方も多いかもしれ
ません。



成虫は年に2回、5〜6月と9月頃に現れます。夜行性ではなく、日中に
活動します。木立の近くでヒラヒラと飛んでいるのに気づくこともよくありま
す。
幼虫はハマヒサカキやヒサカキの葉を食べます。どちらの木も、福江島で
は豊富に見られるものです。
もう少し撮影したかったのですが、シャッターを2枚切ったところで飛んで
いってしまいました。
(2016.1.18)


※参考資料  「昆虫観察図鑑」  誠文堂新光社
       「講談社の動く図鑑move 昆虫」 講談社
       「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社

※一覧へ戻る