月の女神の名を頂いて
オオミズアオ(ヤママユガ科)
Actias artemis aliena



                                (2006.5.27:笹岳)


★分布:北海道、本州、四国、九州  ★羽根を広げた大きさ:100ミリ
★出現期:4〜5月、夏          ★幼虫の食草:クヌギ、サクラほか広葉樹の葉

その昔、島で少年だった頃、子ども向けの昆虫図鑑を持っていました。そのどこかに
夜に現れる昆虫がたくさん描かれたページがあったのですが、そこに載っていた
虫の中で妙に気になっていたのがオオミズアオでした。その青白く、アゲハのように
羽先が伸びた姿は一般的なガのイメージを打ち破るような美しさを感じさせながら、
どこかしらこの世のものではないような幻想性、ある種の気味悪さ、弱々しさをも
備えています。名前も印象的ですし。
その後、ようやく本物に出会えたのは高校生ぐらいだったか?はっきりとは覚えて
いないのですが、福江島ではなかったように思います。夜、どこかの街灯に飛んで
来たのを見たのではなかったか…そのぐらいの記憶しかありません。
ということで、おそらく福江で見たのはこの時が初めてでしょう。
それは笹岳の登山道、夕方近くに山を降りている時、急速に暗くなりつつあった
山麓の森の中に、ふと青白い点が見えたのです。
木にとまったオオミズアオでした。



真っ白ではありません。ほんのりとした、パステル風のやわらかな緑が少し混じって
います。上の羽根の縁は赤で縁取られ、触角は鳥の羽のような
独特の形をしています。



成虫は4〜5月頃と夏、年に2回姿を現すようです。幼虫はサクラなど
いろいろな広葉樹の葉を食べますが、成虫の口は退化していて
樹液などを吸うことはないのだとか。不思議なガです。



なお、オオミズアオの学名はActias artemis といいますが、
artemis とはギリシャ神話に出てくる月の女神アルテミスです。
月の女神の名を頂いたガなんですね。その姿を見れば納得
できるような気がしないでしょうか。

飛ぶ姿もまた美しく、迫力もあるそうなのですが、
私は見たことはありません。
この時は、時計は17時に迫ろうとしていました。
日没が近づく中、幹にとまったまま動かないオオミズアオを残して
私は山を降りました。誰もいなくなった森の闇で、オオミズアオは
どんな舞を見せたのでしょうか。
(09.4.13)

※一覧へ戻る