もっとも身近なコウモリ
アブラコウモリ(イエコウモリ)ヒナコウモリ科
Pipistrellus abramus 



                              (2011.8.2旧福江市・錦町産)


★分布:日本全国    ★頭胴長(鼻先からお尻まで):4〜6センチほど

2011年7月27日、フェリー太古で福江に着いた私は、市街の宿に預けて
ある荷物を取りに向かいました。その玄関前に落ちていた黒っぽいもの
にふと目をやったところ、なんとそれはコウモリでした。生きていましたが、
じっとしており、飛んで逃げようともしません。炎天下ですし、ほっておけ
ば死ぬだろうと思ったので、持っていた発泡スチロールのクーラーに入れ
、持ち帰ることにしました。こうした機会はなかなかありませんから、種類
を調べてみたいと思ったということもあったのですが。



島内ではコウモリの種類を調べる資料がなかったので、急きょ取り寄せる
ことに。
そして調べた結果、アブラコウモリ(イエコウモリ)であると考えられました。
主に人里近くに生息する、最も普通に見られるコウモリです。瓦屋根の下
など人家や建造物のすき間をねぐらにすることが多く、200匹もの集団を
つくることがあります。おそらく福江でももっとも普通に見られるコウモリで、
夕方になると福江小学校の周辺を飛び回っているのもこれではないかと
思います。ユスリカやカメムシなどの小さな昆虫を食べています。
夏に1〜4匹の子供を産み、寿命はオスで3年、メスで5年ほどとのことで
す。



私が子どもの頃、五島でコウモリを認識することはありませんでしたが、引
っ越した先の埼玉県で、小学6年生の頃、同級生が体育館でコウモリの子
どもを拾ってきたことがあります。あまりの小ささに驚いたものです。
このアブラコウモリは毛も生えているのでオトナだと思われますが、それで
も4センチほどしかありません。本当に小さな哺乳類です。



ところで、こうした野生動物は普通、人間に簡単につかまったりすることは
ありません。そうでなければ、それは病気にかかっているなどの異常が考
えられます。
ですから、不用意に触ったりすることは控えるべきなのですが、このコウモ
リはどうも病気には見えませんでした。資料が到着するまで数日確保して
おいたのですが、夜にはガサガサと盛んに動き回っていましたし、最初に
見つけた時とずっと状態は同じでした。ただ、相変わらず飛ぼうとはしませ
んでしたが…。



種類を調べ、撮影をしたあと、ある場所の石垣のすき間に放しました。
(個人宅ではありません。念のため)コウモリは岩を伝ってすき間の奥に
歩いていきました。あれから、無事に飛び立ってくれたでしょうか?
(2011.8.13記)
                     


参考資料 「コウモリ識別ハンドブック改訂版」 文一統合出版

※一覧に戻る