五島の山野に普通に生息
アカネズミ ネズミ科
Apodemus speciosus



                                 (2013.6.30:岐宿町河務)


★分布:日本全土(日本固有種)   ★大きさ(尾をのぞいた長さ):8〜14センチほど

五島の山野に見られるネズミの代表選手です。体の色はいわゆるねずみ
色ではなく、ご覧の通り茶色(体の下側は白っぽい)をしていて、ネズミと
いう印象からするとカラフルと感じる方もいるかもしれません。

写真のものは、自動撮影装置によって撮影したものです。昨年より、これ
まで島内のあちこちで自動撮影装置を仕掛けてみていますが、アカネズ
ミと思われるネズミは、ほとんど全ての場所で写ります。それを考えると
福江ではかなり普通に生息していると考えられるのですが、一般的には
なかなか目にする機会はないでしょう。私もまだ実物を目にしたことはあ
りません。



アカネズミは日本固有種で、森や林の他、草原や河川敷などいろいろな
環境で暮らしています。木の根元などに穴を掘って巣穴をつくり、ドングリ
を好物としています。草の種や根っこ、昆虫なども食べるようです。



上の写真を撮った場所では、実はノウサギを狙って撮影装置を仕掛けて
いたのですが、ウサギは撮れない代わりに、毎回このアカネズミがカメラ
の前に現れました。尾の先のほうに傷があるのが目印で、下の一連の写
真も同じ個体と考えています。
下の写真は、寄せエサとして魚の皮(私が食べ終わった魚)を置いてみた
のですが、先に来ていたサワガニとの絡みが写っていました。


                                (2013.6.9:岐宿町河務)






基本的に夜行性のようで、夜8時頃になるとエサの前にやってきました。
今回の私の撮影に限っては、日中に出てきたことはありませんでした。


                                (2013.6.30:岐宿町河務)

食べ物は前足で持って食べることが多いようです。



自動撮影装置のおかげで写真撮影には成功しましたが、いずれはビデオ
でも撮影したいものです。その時はさすがに自動撮影というわけにもいか
ない(※自動で動画を撮るシステムは存在するのですが、相手が動いても
追ったりすることは難しいのです)ので、どうしたものかと悩んでいるところ
です。まあ、楽しい悩みではありますが。
(2013.7.4)                


参考資料 「五島の生物」 長崎県生物学会編
 
      「長崎県の哺乳類」 長崎新聞社

一覧に戻る