森の木登り上手
ヒメネズミ  (ネズミ科)
Apodemus argenteus



                               (2015.12.28:富江町)


★分布:北海道〜九州  ★頭胴長(鼻先からお尻まで):80ミリほど

北海道から九州にかけての広い範囲で見られる、日本固有のネズミ。森
林にすみ、地上だけではなく樹上も盛んに動き回って食べ物を探します。
以前、夏の夜に島内の木の上でネズミを見たことがあるのですが、ヒメネ
ズミの可能性が高いと思います。体の特徴としては、尾が長いこと。全長
の半分より少し長いほどの尾を持っています。そして、眼が小さめである
ことも特徴でしょう。



森にすむネズミと紹介しておきながら、この写真はいったいどこで撮った
のかと思われるでしょう。実はここは、林の中にあるコンクリート建造物の
中です。その壁に、1匹のヒメネズミがいたのです。



地上からの高さは2m程度の壁です。さすがに木登り上手、表面にいく
らか凹凸があるコンクリート壁なら登れるようで驚いたのですが、さすが
に樹上とは勝手が違うようで、落ちないように少しずつ動くだけで精一杯
の状態でした。おかげで間近で撮影することができたのですが。



しかし、やがて壁に開けられた横穴にたどり着くと、その中にさっと逃げ
込んだのです。そこには落ち葉が敷き詰められていました。ヒメネズミが
外から運んできたものに違いありません。ヒメネズミは、森の中に小鳥用
の巣箱をかけると、その中に落ち葉を持ち込んで巣作り・子育てをするこ
とが知られています。今回はたまたま、人が使わなくなった建物の中を
すみかにしていたのです。



下は以前、樹上に仕掛けた自動撮影カメラ(麻里布商事のfield noteとい
う商品です)に写ったものです。これもおそらくヒメネズミであろうと思いま
す。ドングリや植物の種などを好むので、この時はエサとしてスダジイの
ドングリをカメラ前に置きました。


                                (2013.7.26:七ツ岳)

珍しいネズミではありませんが、森林にすんでいるので一般の人目につ
くことはまれでしょう。福江島ではずっと以前から生息が知られており、島
内の広い範囲に普通に生息すると思われます。
(2016.2.7)                     


参考資料 「長崎県の哺乳類」 松尾公則 長崎新聞社
        「くまもとの哺乳類」 東海大学出版会
       「五島の生物(1981)」 長ア県生物学会編

※一覧に戻る