草の上の最小ネズミ
カヤネズミ  ネズミ科
Micromys minutus japonicus  
準絶滅危惧(NT)長崎県レッドリスト2011)



                                (2015.9.1:岐宿町産)


★分布:本州南西部〜九州および周辺離島  ★頭胴長(鼻先からお尻まで):60ミリほど

鼻先からお尻までが6センチほど、日本最小どころか世界でも最も小さい
と言われているネズミ。日本列島のほか、ユーラシア大陸に広く分布して
います。福江島にも生息していることは認識していましたが、今回初めて
見ることができました。
写真のものは、島内の岐宿町で農業を営む知人が捕獲したものです。
イネの収穫時、刈り取り跡地に這い出してきたものを捕らえたということ
で連絡をもらい、2匹を預かりました。現地の田ではよく見かけるといい
ます。



撮影のため水槽に入れました。野外ではエノコログサなどイネ科植物の
種子や昆虫などを食べていますが、試しに米粒を与えてみると食べました。
見た目が非常に可愛らしく、毛繕いなどのようすも愛嬌がありました。撮
影後は数日間、島内のビジターセンターに展示されたのですが、来館者
の人気を集めていたと聞いています。

カヤネズミは、とてもユニークな生態で知られています。それは、ススキな
ど主にイネ科の植物の葉を器用に編んでボール状の巣をつくることです。
その直径は10センチほどで、ススキなどの草の上に見つかります。カヤ
ネズミの「カヤ」とは、ススキやチガヤなどのこと、すなわち「茅葺き(かや
ぶき)」の茅(かや)のことです。


                                          (2014.10.24:鬼岳山麓)

カヤネズミは断熱と通気性に優れた茅葺きの巣をつくり、この中で休んだ
り、子育てをします。春から秋にかけてが繁殖期で、この時期には巣を見
つけても触れたりしないほうがいいようです。人が近づきすぎると親は逃
げてしまい、子どもを残して巣を放棄してしまうこともあるからだそうです。



上の写真の巣は、時々来島される哺乳類研究者に教えてもらったもので
す。わりと狭い範囲に5、6つは見つかりました。


                               (2015.9.1:岐宿町産)

草の上で暮らしているという、ちょっと変わったネズミ。尾は草に巻き付け
ることができ、体を支えるのに役立ちます。草地という環境に見事に適応
しているわけですね。
そんなカヤネズミですが、冬は地中の穴の中で暮らします。寒さをしのぐ
ためであるようです。



草地で生きるカヤネズミは、今、国内でどのような状況にあるのでしょう。
2015年4月現在では国の絶滅危惧種とはされていませんが、実に30以
上の都道府県で絶滅危惧種として県別レッドリストに載せられています。
長崎県では準絶滅危惧(NT)扱い、その他の県も同じく準絶滅危惧という
ランク付けが多く、それほど深刻な状況にあるわけではないようですが、
数を減らしていることは間違いないようです。生息に適した草地が減って
いるのではないでしょうか。
福江島にはまだ各地に生息しているのではないかと考えていますが、今
後は五島のその他の島での生息状況も探ってみたいものです。
(2015.10.14)                     


参考資料 「長崎県の哺乳類」 松尾公則 長崎新聞社
       「長崎県レッドデータブック2011」 長ア新聞社
        「くまもとの哺乳類」 東海大学出版会
       「五島の生物(1981)」 長ア県生物学会編

※一覧に戻る