その顔面は菊の花?
キクガシラコウモリ キクガシラコウモリ科
Rhinolophus ferrumequinum 
準絶滅危惧(NT)長崎県レッドリスト2011)



                               (2015.4.16:旧福江市内)


★分布:北海道〜九州(海外では東アジア〜ベトナム・台湾)
★頭胴長(鼻先からお尻まで):7センチほど


北海道から九州まで、日本の広い範囲で見られるコウモリです。自然の
洞窟や廃坑、防空壕などで見られるほか、人家も利用することがありま
す。写真の個体は、もう使われていない炭焼き窯の中にいました。同じ
場所にいたのは3頭ほど。



翼を広げると20センチを越えるようで、洞窟などで暮らすコウモリの仲間
としては大型になります。外見上では大きな耳、そしてなんと言っても、そ
の奇妙な顔立ちが大きな特徴でしょう。

下の写真は富江町にある溶岩洞窟・井坑(いあな)にいた個体ですが、鼻
のまわりにはひだのような肉質の突起が広がっています。これを菊の花
に見立て、キクガシラの名がつけられました。なお、「井坑」は現在、天井
崩落の危険があるということで立ち入り禁止になっていますが、私は長ア
県生物学会のコウモリ調査に同行し、県の許可を受けて入りました。


                                         (2014.9.20:富江町・井坑)

井坑の奥からはキイキイとコウモリの鳴き声が聞こえ、高さ4,5メートル
ばかりの天井をライトで照らすと、コウモリが何匹もぶら下がっていました。
下の写真、真ん中に小さく写った黒いものがそうです。



井坑では数種類のコウモリが確認されていますが、そのうちの一種がこ
のキクガシラコウモリです。



昼間はこうしたねぐらで休み、夜になると外へ出てガなどの昆虫類を捕ら
えます。



出産と子育てをする夏の時期には、妊娠したメスを中心にした繁殖集団を
つくります。それ以外の時期は、オスとメス別々に群れて生活しているよう
です。メスは生後3年ほどで妊娠できるようになります。
意外と長生きするらしく、20年以上も生きた記録があるそうです。



気温が低い冬の時期には冬眠することが知られています。その時は、集
団をつくることもあれば、そうでないこともあるようです。
また、一カ所の穴だけに居着いているわけではなく、季節や目的に応じて
複数の地域を利用して暮らすようで、130キロもの距離を移動した例が
知られています。渡り鳥のようですね。
彼らが生きていくには、相当に広大な地域が必要なのだと思います。
(2014.10.5)
                     


参考資料  「コウモリ識別ハンドブック改訂版」 文一統合出版
       「長崎県の哺乳類」 松尾公則 長崎新聞社

※一覧に戻る