下唇で区別する
コキクガシラコウモリ キクガシラコウモリ科
Rhinolophus cornutus
準絶滅危惧(NT)長崎県レッドリスト2011)



                               (2016.2.11:富江町小浜)


★分布:北海道〜九州および周辺離島(奄美諸島含む)
★頭胴長(鼻先からお尻まで):35〜56ミリ


日本の固有種とされており、北海道から九州および奄美諸島を含む広い
範囲で見られます。
日中は自然洞窟や廃坑、防空壕などに潜み、夜になるとガなどの昆虫を
捕らえて食べます。上の写真は防空壕内の天井で冬眠中の集団です。


                                (2015.7.31:岐宿町)

耳たぶが大きく、顔には複雑に広がったひだ(鼻葉…びよう)を持つことで
キクガシラコウモリによく似ているのですが、区別のポイントとしてはまず、
大きさです。大ざっぱにいうと、キクガシラは女性の握りこぶしぐらいの大
きさかなと思うのですが、こちら、コキクガシラのほうはその半分ぐらいし
かないイメージです。下の写真では、私の指先に2個体がぶら下がってい
ますが、大きさがおわかりいただけるでしょう。


                               (2016.2.11:富江町小浜)

同じ防空壕にはキクガシラもいたのですが、キクガシラを見たあとでコキ
クガシラを見ると、歴然とした体格差がわかります。まさに「コ(小)」キク
ガシラコウモリということですね。
さらなる区別は、下唇の切れ込みの数です。これは、キクガシラでは1、
コキクガシラでは3。


                              (2016.4.25:富江町小浜)

矢印で示した部分が下唇。切れ込みが3つ入っています。



下唇のピントは外れていますが、下の写真のほうが意外とわかるかも
しれません。


                             (2016.2.22:岐宿町大川原)

夏には特定の洞窟に数十〜数千頭におよぶメスが集まり、集団繁殖を
するそうです。一度に生まれる子どもは一匹で、母親の半分近くの体重が
あります。


                              (2015.7.31:岐宿町松山)

島内では繁殖集団は見つけていませんが、越冬集団は1カ所で150個体
を数える場所もありました。



私が島内で確認できたのは2015年ですが、その後、島内各地の防空壕
や廃坑、人口トンネル内で見つけています。



2016年7月現在で国のレッドリストには載っていませんが、長ア県では
絶滅危惧
(2011)という位置づけです。福江島でも、例えば防空壕は入り口
をふさがれてしまっているものが少なくありませんので、昔ほどにはいない
可能性が高いのかな、と思っています。
(2015.5.11)
(2016.7.8:新たな写真を加えて一部改訂)
                     


参考文献  「コウモリ識別ハンドブック改訂版」 文一統合出版
       「長崎県の哺乳類」 松尾公則 長崎新聞社

※一覧に戻る