世界中の人家近くで
クマネズミ ネズミ科
Rattus rattus



                               (2013.7.4:旧福江市木場町)


★分布:日本全土(世界中)   ★大きさ(尾をのぞいた長さ):20センチほど

日本はおろか世界中に広く見られる、比較的大型のネズミです。人家に
侵入することも多く、天井裏を走り回るネズミというのは、このクマネズミで
ある確率が高いようです。同じく人家で見られる大型ネズミにはドブネズミ
がいますが、ドブネズミが下水付近など湿ったところで見られるのに対し、
こちらクマネズミは天井裏やビルの中など乾燥した場所を好みます。
身体的な特徴ということでいうと、比較的大きいということに加え、尾が長
めであること。そして耳が大きいこと。折り曲げると耳が目に届くほどです。

ちなみにこのクマネズミですが、夕方にバイクで走っていたところ、歩道の
上にいたのを見つけたものです。死骸かなと思って近づくと生きていました
。撮影しようとすると道路を渡り、反対側の駐車場に逃げていきました。ゆ
っくり近づくと、しばらく逃げずにいてくれたので、かなり間近で撮影できま
した。



手前にある、細長くて白っぽいものは材木の破片ですが、頭から尾の付
け根までは、この板きれとほぼ同じ長さでした。あとで測ると15センチほ
どありました。専門家に写真を見てもらったところ、睾丸が発達している
ようなので、おとなのオスと思われるとのことでした。



かつて私が福江の子どもだった頃、古い農家の家屋に住んでいたことが
あります。いろいろな生きものが入ってくることがありましたが、ネズミも
見られました。部屋のすみっこをササッと走っていく姿を見たこともありま
すし、親が仕掛けたねずみ取り(かご内にエサを仕掛けるタイプ)にかか
ったネズミを幾度も見た記憶があります。きっとその中にはこのクマネズ
ミも入っていたことでしょう。しかし、最近の家屋はすき間がなくなっていて
、ネズミも入りにくいのではないでしょうか?もしかしたら、今の福江の子
どもたちにはネズミを見たことがない子もいるかもしれないですね。ちなみ
に、私は東京の杉並区内で過去3カ所に住んだのですが、そのうち一カ
所のアパートでは、共用の水場にせっけんをかじるネズミが現れ、大家
が粘着テープで駆除しました。また別の一カ所では、天井裏をよく走り回
ることがあったものです。これらもクマネズミなのではないかと考えていま
す。



クマネズミは世界中に広く見られるわけですが、もともとはインドシナ半島
あたりに生息していたようです。それが船や交易の貨物などに入り込んで
世界中に広がっていったということなのでしょう。



ただ見ていたり写真に撮ったりするだけですと可愛らしいのですが、ツツ
ガムシなどの病原体を持っていることがあるので、見つけても不用意に触
れたりしないほうがいいのかもしれません。なお、私が現在福江で住んで
いるアパートも古いのですが、現状ではネズミの気配はありません。
(2013.7.4)                


参考資料 「五島の生物」 長崎県生物学会編
        「侵入生物データベース」 国立環境研究所

       「長崎県の哺乳類」 長崎新聞社

※一覧に戻る