島の西部中心に生息
ニホンジカ(キュウシュウジカ) シカ科
Cervus nippon nippon 



                               (2006.9.23:島山島)


★分布:四国、九州 (ニホンジカとしては北海道〜九州、慶良間諸島)

キュウシュウジカは、ユーラシア大陸から日本列島に広く分布するニホン
ジカの一タイプを指します。ニホンジカは日本国内では7タイプに分けられ
ているそうで、北に行くほど大型になります。
ニホンジカということでまとめていえば、私はこれまで北海道の富良野と
奈良公園、沖縄の慶良間諸島(阿嘉島)でも見ています。五島では、シ
カが多いことで有名な野崎島をはじめ各島に分布しているようで、私は
福江島のほか、若松島や日島でたくさん見かけました。

子どもの頃は福江にシカがいるとは知らずにずっと過ごしました。福江島
でシカが見られるのは限られた地域で、高浜周辺や岐宿町などです。
初めて見たのは2005年9月、頓泊(とんとまり)海岸の裏手にある小川の
そばでした。私は昆虫の写真を撮っていたのですが、行く手に開けた小
さな湿地帯があって、そこにさしかかったとき、数十メートル先で何かを
食べているシカに出くわしたのです。
全く予想していなかったので驚いたのですが、一瞬、後ろに下がって身を
隠し、車に置いてきた望遠レンズを取りに行きました。残念ながら、戻っ
てきたときにはすでにシカの姿はありませんでした。

2回目は2006年の5月末頃、岐宿町の大川原ダムの周回道路をバイクで
走っていたときです。この時も、足跡の写真しか撮れずに終わりました。
さらに同じ年の夏、七岳神社の石段のところでもオスジカに出会いました。
しかし、この時も暗い森の中に入られてしまい、全然ダメ。それで、確実
に撮れる場所である島山島(しまやまじま)で撮りました。
ここは玉之浦湾に面した有人島で、玉之浦町から橋がかかっています。
福江島よりもシカの生息数が多く、わりあい簡単にシカの姿を見ることが
できます。シカを見てみたい人は、とりあえず島山島へ行ってみて下さい。
橋を渡ってすぐ左手にある公園の付近や集落近くでシカを見ることができ
ると思います。



北海道の知床や栃木の日光などではシカが増えすぎて困っているといい
ますが、福江島では今のところそのようなことはないようです。

ただ、一つ気になることを聞きました。
最近、ある人たちが島山島で植物調査に入ったとき、シカの群れに出会っ
たというのですが、そのうちの1頭のようすが非常におかしかったそうです。
他のシカたちが逃げたにも関わらず、その1頭だけはまっすぐ歩くことがで
きず、フラフラと歩いてはよろけて木にぶつかるというような感じで、うまく逃
げることができなかったそうです。
この時のようすはビデオに収められているという話なので、チャンスがあれば
見てみたいと思っています。この異常な行動は、いったい何なのでしょうか。
いろいろな想像は可能ですが、今の段階では何も言えません。
島山島の近辺で何かおかしなことが起こっていなければいいのですが…。
(07.3.25記)                


参考資料 「五島の生物」 長崎県生物学会編

※一覧に戻る