フトモモが白く見える
モモジロコウモリ  ヒナコウモリ科
Myotis macrodactylus  
準絶滅危惧(NT)長崎県レッドリスト2011)



                                 (2015.4.16:岐宿町)


★分布:北海道〜九州および周辺離島
★頭胴長(鼻先からお尻まで):40〜63ミリ


日本の広い範囲で見られる種類です。下腹部から大腿部にかけて白い毛
が密生しているので、モモジロというわけです。背中側は暗い灰色で、お腹
側はそれより白っぽい色をしています。
また、細長い耳たぶも特徴のひとつです。



日中は自然の洞窟や廃坑、防空壕などに潜んでいます。写真の個体は
島内の防空壕にいたものです。
日没後は林の中や水辺のまわりで飛び回っている昆虫を捕らえて食べ
ます。



以下の写真は、ダムの放水路内にいたものです。コンクリートの壁面で
単独あるいは小集団で休憩しているようすが見られました。



おそらく飼育下の例と思われますが、19年も生きた記録があるそうです。



2015年4月現在では国のレッドリストには載っていませんが、長崎県では
準絶滅危惧(NT)扱いとなっています。他のコウモリ類と同じ状況でしょう
が、防空壕が埋められたりしてすみかが減っていることはありうるでしょう。


                                     

今回、私も初めてこの種類を見ることができました。現状では2カ所で生
息を確認しましたが、それ以外はほとんど情報がない状況です。
(2015.4.28)                     


参考資料  「コウモリ識別ハンドブック改訂版」 文一統合出版
       「長崎県の哺乳類」 松尾公則 長崎新聞社
       「長崎県レッドデータブック2011」 長ア新聞社

※一覧に戻る