海を渡って島々に復活
ニホンイノシシ (イノシシ科)
Sus leucomystax



                            (2016.4.26:五島市・内闇)


★分布:本州、四国、九州   ★頭胴長:110〜160センチほど

本州から九州にかけて生息する、ご存知の哺乳類です。大きいものでは
体重150キロにもなります。上の写真のものは、山間の湿地に仕掛けた
自動撮影カメラに写った大型の個体です(画面に写っている糸のようなも
のは、カメラ前に張られたクモの巣)。

下は同じ湿地ですが、小ぶりな3個体が写っています。メスと子供たちで
はないかと思われます。


                       (2016.4.12:五島市・内闇)

ニホンイノシシは古来、五島列島での生息が知られていました。しかし、
1981年に発行された「五島の生物(長崎県生物学会編)」によると、福江
島中央部のものは明治時代(1868-1912)に、三井楽町方面では大正時
代(1912-1916)に、玉之浦町方面では戦前に絶滅したと書かれています。
狩り尽くしたということです。同じく五島市に属する久賀島(ひさかじま)、
奈留島でもともに大正期にいなくなったようで、1980年代初頭の五島列
島でイノシシが生き残っているのは中通島(なかどおりじま)・有川エリア
の丹那山・黒木山から太田方面にかけてのみとなっていたようです。
それまでは五島でも長年イノシシの害に悩まされてきたようで、一部地域
にはイノシシやシカの侵入を防ぐ石垣が残されています。福江島では三
井楽町・貝津神社の裏手にある林内での「シイガ(猪垣)」と呼ばれる石垣
群(写真下)が史跡となっています。


                                      (2016.5.13:三井楽町・貝津)

説明板によれば、これは1803年(江戸後期・享和3年)に作られたもの
で、当時は総延長4キロにおよぶものであったということです。
島内の山に入ると、かつては耕地だったところにぶつかることがよくあり
ます。そして、耕地跡を囲うように長い石垣が続いていることがあるので
すが、それらもシイガの痕跡なのかもしれません。



日本中を旅した民俗学者として名高い宮本常一(1907-1981)の「私の日
本地図」シリーズ「五島列島」にも、福江島のイノシシについての聞き書き
が記されていました。島内中央の二本楠(にほんぐす)エリアの話です。

また、畑をイノシシにあらされるので、まずしく暮しているものが多かった。

時期ははっきりしませんが、イノシシ退治の話もありました。

(中略)その瓦屋が、イモの中に火薬を入れておくことを教えてくれた。
イノシシがそれを食うと、口がさけて死んでしまう。鉄砲でうちとったものも
多いが、イモに火薬を仕掛けることによってイノシシを絶滅させ、谷間の
生活が安定するようになってきたという。 

火薬を食べさせて爆死させるとは今の時代はとてもできないすさまじい方
法ですが、当時の獣害の大きさを物語るものとも言えるでしょう。

と、このように五島列島では各地で狩り尽くされていったイノシシだったの
ですが、近年、急速にその数を回復させました。そして、上五島方面から
海を渡って周辺の島々に次々と上陸、分布を広げています。
「五島広域鳥獣被害防止計画(平成26年度)」に詳しい記述がありました。

新上五島町中通島では、昭和50年頃よりイノシシの生息が確認されて
いたが、一部地域のみ生息していて、深刻な農作物被害が報告されては
いなかった。しかし、平成10年頃より、イノシシによる農作物、生活環境
圏への被害が多数見られるようになり、現在では、生息数が顕著に増加
しており、新上五島町全域に相当数のイノシシが生息しているものと思わ
れる。 
五島市では平成18年度に奈留町で目撃情報があり、その後、久賀島、
福江島へと生息域を拡大し奈留では家庭菜園など生活環境被害が多発
している。久賀島及び福江島でも生息確認(センサーカメラ等)されている
が生息数を減らすほどの捕獲に至っていない。今後は福江島、久賀島で
農業被害の発生が懸念される。
 


                                 (2013.4.14)

少なくとも2013年には、福江島各所にてイノシシ侵入防止柵が設置作業
が進められていました。


                            
柵をずっとたどってみると半端に途切れているところもあったりして、どれ
ぐらい有効なのかなと思ったものですが、全てを防ぐことはできませんでし
た。2016年12月現在、ニホンイノシシは島の各地で目撃もされ、畑を荒ら
すなど様々な被害が多発しつつあります。

イノシシが出没するエリアには、様々な痕跡が残されます。
例えば、下の写真はイノシシによる掘り起こしです。


                                 (2016.4.11:五島市・市民いこいの森)

芝生の園地の表土が一面にはぎ取られたようになっています。



道路際の斜面にも、イノシシが掘り起こした大きな穴がよく見られるように
なりました。こうして土を掘り、ミミズなどを探して食べるのです。


                                     (2016.2.8:岐宿町・唐船の浦)

掘り起こしがもとで、斜面や土手が崩れることもしばしば。イノシシ個体数
が多いとみられる島の北部では、道路に土砂が崩れ落ちていることもあり
ます。


                                    (2016.2.10:岐宿町・唐船の浦)

車やバイクを走行中、あるいは人の通行中に崩れてきたらおっかない
ですね。



雨が降ったあとには、足跡が残っていることもあります。


                                        (2016.5.22:五島市・内闇)



フンも見つけました。



イノシシは雑食性で、タケノコやドングリなどを好むほか、ミミズやカエル
などの小動物も食べます。五島の畑では、サツマイモの被害が大きいよう
です。



数十年に渡ってイノシシが不在となっていたと思われる福江島にも、島々
を経由して泳ぎ渡ってきた彼ら。実にたくましい動物ですが、中には海を
渡りきれずに命を落とすこともあるようです。


                                     (2016.10.26:岐宿町・八朔鼻)

まだあまり大きくない個体のようです。島の北部の海岸に打ち上がって
いました。



ニホンイノシシの交尾の時期は1月頃だそうで、6月頃に子供が生まれま
す。1回の出産数は4頭ほどと多産です。近年、五島だけでなく日本各地
でイノシシが急増し、農業被害だけでなく車両との衝突や、中には攻撃を
受けて死亡者が出ることも毎年のように報道される状況になってしまって
います。私も年中、山に入っているので注意しないといけないとは思って
いるのですが…。2016年中には2回、遭遇しました。いずれもあまり大きく
ない単独のイノシシで時間は夕方、私の足音に気付いた瞬間に、相手は
ものすごい勢いで逃げていきました。


                            (2016.4.12:五島市・内闇)

2016年12月30現在、五島市のHPには次のような文章が掲載されていま
す。

奥浦地区、河務地区、吉久木地区などでイノシシによる農作物等の被
害が多発しています。また、奈留地区ではイノシシと車の衝突事故が
発生しています。被害や事故を未然に防ぐため、イノシシにご注意くだ
さい。

最近、島内中央の二本楠地区でもイノシシが捕獲されたと聞きました。
分布域が広がっていることは間違いありません。
五島市は島内各地にカゴワナを設置し、捕獲を続けています。
人口減の中で、増えてゆくイノシシとどのように相対していくのか。すで
に、五島列島の大きな課題のひとつになってしまいました。
(2016.12.30)                


参考資料 「五島の生物」 長崎県生物学会編
       「くまもとの哺乳類」 東海大学出版会
      
「長崎県の哺乳類」 長崎新聞社
       「私の日本地図 五島列島」 未来社
       「五島広域鳥獣被害防止計画(平成26年度)」
       「侵入生物データベース(HP)」 国立環境研究所

※一覧に戻る