島内での繁殖状況は不明
ユビナガコウモリ  ヒナコウモリ科
Miniopterus fuliginosus  
準絶滅危惧(NT)長崎県レッドリスト2011)



                                 (2015.4.16:岐宿町)


★分布:北海道〜九州および周辺離島
★頭胴長(鼻先からお尻まで):59〜69ミリ


丸みを帯びた顔が印象的なコウモリで、南西諸島をのぞく日本の広い範
囲で見られます。キクガシラコウモリなどと同様、自然洞窟や防空壕、廃
坑などに生息します。



今回は、コンクリートのトンネル状構造物の中で確認しました。その場所
には、おおざっぱに見て300匹ぐらいのコウモリがいるように感じたので
すが、写真から判断すると、その多くはこのユビナガコウモリであったの
ではないかと思います。



繁殖や越冬のため、季節的に広範囲を移動することが知られています。
移動距離は50キロを越え、中には200キロ以上という例も記録されてい
ます。



また、しばしば数百から数千もの大集団をつくります。驚くべきことに、8
万頭に達するような越冬集団も観察されているといいます。



福江島で繁殖しているかどうかはよくわかっていないようですが、もし繁
殖しているとすれば、夏の夜間に生息場所を調べればわかるそうです。
母親が食事に出かけている間、子どもたちが残されているからです。

親がいない間、子どもは集団でコロニーをつくっているのですが、帰って
きた親はそこからちゃんと自分の子どもを見つけ出すそうです。すごいで
すね。



福江島のユビナガコウモリについて、新たな事実がわかるかもしれない
夏の夜の観察。一人で行くとすれば、相当なスリルも味わえるかもですね
…。
(2015.4.28)
                     


参考資料  「コウモリ識別ハンドブック改訂版」 文一統合出版
       「長崎県の哺乳類」 松尾公則 長崎新聞社
       「長崎県レッドデータブック2011」 長ア新聞社

※一覧に戻る