福江島絶滅危惧種
アブラボテ(コイ科)
Tanakia limbata
★準絶滅危惧(NT)…環境省レッドリスト2007年
★絶滅危惧TB類(EN)…長崎県レッドリスト2011



                    (07.1.23:鐙瀬ビジターセンターにて飼育中のもの)


★分布:濃尾平野以西、四国瀬戸内海側、九州北部
★大きさ:7センチほどになる

五島列島に生息する唯一のタナゴの仲間です。
産卵期のオスは体が重油のような色になり、それが名前の由来になった
そうです。

アブラボテはどこへ行った
私が子どもの頃よく遊んだ福江川。かつて大円寺の前あたりで一番簡単
にとれた魚がこれ、アブラボテです。当時は詳しい図鑑もなかったので、
タナゴの仲間としかわかりませんでした。網で簡単にとれるので、たくさん
捕まえて金魚と一緒の水槽で飼っていました。

さて、この魚ですが、ある時期を境にして全く見られなくなってしまったの
です。それはおよそ30年前に行われた、福江川中流域の大改修です。
いずれ別項で詳しく書きますが、かつては福江川の中流域・大円寺付近
は現在とは全く違っていました。私は小学校五年生の終わりに福江を離
れたのですが、大改修が始まったのはちょうどその頃で、少年の私は工
事のために赤土で濁ってゆく川面を呆然と眺めていたことを覚えていま
す。
そして、その後の夏休みに福江に戻った時には、以前の川の姿は見る
影もなくなっていました。しかし、素足で川に入ると、アブラボテがたくさん
集まってきて足をつつきました。この頃は、まだアブラボテも福江川に生
き残っていたのです。関東でタナゴ釣りを覚えた私が、福江の幼なじみに
アブラボテを釣って見せたこともあります。

しかし、時が経つにつれてその姿は全く見られなくなりました。福江川だ
けでなく島の川や水路をいろいろと探しましたが、2007年現在まで25年
以上、その野生の姿は目にしていません。

五島では福江にのみ生息していた
実は、福江島のタナゴが”アブラボテ”であることを私が知ったのはそれ
ほど前のことではありません。あれから10年もたっていないと思いますが、
たまたま休暇で来ていた福江の図書館で長崎県生物学会編「五島の生
物(1981年)」という本を初めて目にしました。その中に淡水魚の調査項
目があり、そこに福江にいるタナゴがアブラボテであることが書かれてい
たのです。種類がわかったこの時はうれしかったです。なにしろ、飼って
いたとはいえ写真さえ残していませんでしたし、今は福江で見つけるのが
難しい魚なのですから。しかし、一方で衝撃も受けました。その本によれ
ば、アブラボテは五島列島では福江島だけでしか確認されていないとい
うのです。

なぜ姿を消したのか
アブラボテが姿を消したのはなぜか。詳しい調査をしなければはっきりし
たことはわからないでしょうが、間違いなく言えることは、1980年前後に行
われた福江川の大改修が深く関わっているということです。タナゴの仲間
は生きた二枚貝の中に産卵することで知られていて、アブラボテもマツカ
サガイなどを産卵の場としています。推測するに、大改修工事によって、
マツカサガイなどの二枚貝が土砂に埋もれるなどして死滅してしまったの
ではないでしょうか。産卵場がなくなれば、当然アブラボテはいなくなって
しまいます。
なお、大改修のあと、福江川(福江ダムより下流)ではイシガメもほとんど
見られなくなってしまいました。あの工事は、貴重な自然に配慮するとか、
景観を考えるとか、そういう頭のない人たちが計画したに違いありません。
残念ながら、もしかしたら今も状況は同じかもしれませんが。

思いがけぬ再会
2005年のこと。私は福江の鐙瀬(あぶんぜ)海岸にある鐙瀬ビジターセン
ターに行きました。ここは福江の自然について紹介している施設で、職員
の方に質問があって行ったのです。館内の水槽では淡水魚や、時には海
水魚が飼われていたりするのですが、その時、ふと水槽を見て仰天しまし
た。なんと、探し求めていまだ見つからぬアブラボテが泳いでいるではあ
りませんか…。正真正銘の福江産、地元の方から寄贈されたものとのこ
と。飼育されていて栄養状態がいいせいか、かつて福江川でとっていたも
のよりずいぶん大きく感じました。話によれば、島内のA川で採ったもの
とのこと。その川でも昔はよく遊びましたが、大きい川ではありません。
生活廃水も入っていますし、オオカナダモらしき水草がたくさん茂ってい
て水面の見通しが悪いのですが、チャンスがあればぜひアブラボテを探
しに行ってみたいと考えています。
果たして生き残っているのでしょうか。
(2007.3.26記)

08年4月末、福江在住の方により、思いがけぬ場所・A川で
アブラボテの生存が確認されました。追って私自身もこの目で
確認しました。実に20数年ぶりに目にした野生の姿です。
(2008.5.12追記)

※「福江の淡水魚」一覧に戻る