田んぼにプールに水たまりに
ハイイロゲンゴロウ (ゲンゴロウ科)
Eretes griseus / Eretes sticticus



                                  (2011.7.26:旧福江市大浜)


★分布:北海道〜南西諸島    ★大きさ:16ミリ

ため池や水田にいるかと思えば、車の轍(わだち)にできた水たまりや学校のプールなど
実に様々な場所で見られる中型のゲンゴロウです。福江でもかなり普通に見られ、
場所によっては非常にたくさんいます。他のゲンゴロウなら生息できないような
汚れた場所にもいることがある、非常にたくましい種類と感じます。
灰色というか、褐色の体に黒い点があるのが特徴です。上の写真は水面にしばらく浮いていた
一匹ですが、水深1メートル以上ある場所におそらく軽く100匹以上はいたでしょう。
水中をくるくると泳ぎ、時々呼吸のために水面に上がってきてはまた潜る、ということを
繰り返していました。


                                           (2009.7.22:岐宿町二本楠)                                            

下の写真は、田んぼ脇の水たまりにいたものです。泳ぐために使う後ろ足を広げ、
頭を斜め下に向けて着底しています。お得意のポーズですが、腹部の先端に
空気の泡が付いていることがよくあります。これは、呼吸のために羽の下に
取り入れた空気が漏れているもので、おならではありません。
時々、腹部の先を空気中に出して空気を入れ換えます。この能力のおかげで、
水中で長い時間活動できるのです。



珍しい種類ではありませんが、水面から直接飛び立つなど、他のゲンゴロウに
見られないユニークな行動も見せてくれるといいます。私はまだその場面には
遭遇していませんが、これは面白そうですね。



飛ぶ力は強く、街灯の明かりにも集まってくることが知られています。
(2011.9.6記)


参考文献 「福岡県の水生昆虫図鑑」 井上大輔・中島淳
       「講談社の動く図鑑 MOVE 昆虫」 講談社


※一覧に戻る