五島列島・福江島の博物誌〜川と水辺の生きもの
水生昆虫 (現在17種)

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します


★アメンボの仲間(水生カメムシの仲間@)
水辺のおなじみ昆虫であるアメンボ類。五島にどんな種類がいるのか、情報はほとんどありません。
おそらくアメンボ、ヒメアメンボ、コセアカアメンボの3種は島内で普通に見られると思われ、山間の
渓流ではシマアメンボが多く生息します。特別に変わった種類はいないようですが、中には長ア県
の絶滅危惧種に指定されているものもいます。海に生息するものも、ここで紹介します。

アメンボ コセアカアメンボ  シマアメンボ イトアメンボ科の一種
カタビロアメンボ科の一種
ケシウミアメンボ シロウミアメンボ11.10


★タイコウチの仲間など(水生カメムシの仲間A)
タイコウチやミズカマキリなど、大型の水生カメムシ類は農薬などのために激減し、島内の大部分で
姿を消しました。昔はタガメもいたようなのですが、現状は不明です。

タイコウチ ミズカマキリ マツモムシ コマツモムシ

ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシの仲間 (コウチュウ)
ゲンゴロウ類も昔ほどにはいないと思いますが、農薬の影響があまりなかったため池などには
まだ多く生き残っているものがいます。ミズスマシ類は、現状ではごく限られたエリアに見られます。

コガタノゲンゴロウ
改訂2016
ハイイロゲンゴロウ コシマゲンゴロウ オオミズスマシ ヒメミズスマシ
ガムシ