4眼の水面生活者
ヒメミズスマシ(ミズスマシ科)
Gyrinus gestroi
絶滅危惧TB類(EN)…(環境省レッドリスト2015)
絶滅危惧U類(VU) …(長崎県レッドリスト2011)



                               (2009.7.15:三井楽町)


★分布:本州〜九州  ★大きさ:5ミリほど   

福江島では2016年現在、2種類のミズスマシの仲間が確認されています。
そのうち大きいものはオオミズスマシ、小さいものが、このヒメミズスマシ
です。日本列島の固有種で、流れの緩やかな河川や水田、池などに見ら
れます。撮影したのはため池で、このヒメミズスマシとオオミズスマシが多
数確認できました。しばらく観察してみた感じでは、オオミズスマシよりも
ヒメミズスマシのほうがより岸近くを好むように見えました。岸すれすれを
生活圏にしているようなイメージです。くるくるとせわしなく水面に弧を描き、
疲れると(?)水面に浮いているものにとまって休みます。

全く知らなかったのですが、普通の昆虫では2つである複眼が、ミズスマ
シ類では上下に分かれていて、都合4つの複眼を持っているということに
なるようです。水面と水中を同時に見ることができるというのですね。私は
4つの目がほしいとは思いませんが、実際はどうなのでしょう。水面で生活
するにはやはり便利なのでしょうか。



ミズスマシの仲間は日本に13、14種類もいるそうですが、近年めっきり
数を減らしているという話を聞きます。原因は生息地の開発や農薬のほ
か、アメリカザリガニなど外来生物による影響が大きいのではないかと思
われます。
10年ほど前、オーストラリアで小さな水路にミズスマシ類が数百匹も群れ
ているのを見たこともありますし、いるところにはたくさんいるのでしょうが
…。

2016年現在、環境省レッドリストの最新レッドリストでは絶滅危惧TB類
(EN)
という高いランクで、10以上の都道府県でも絶滅危惧種となってい
ます。神奈川県では絶滅種、長ア県では絶滅危惧U類(VU)です。最近
の調査では、対馬ではもう見られなくなっていると聞きました。
今のところ、たくさん見られる場所も残されている福江島。その幸運な状
況が今後も続くことを願うばかりです。
(2009.8.6初記)(2016.5.28改訂)

これまで、このページで紹介している種類をミズスマシとしてきましたが、
研究者の調査によれば、福江島で確認されている小型のミズスマシは
「ヒメミズスマシ」であると考えられるため、記述を訂正します。
(2016.5.28追記)


※参考資料

「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
「フィールド図鑑 昆虫」(東海大学出版会)
「日本のレッドデータ検索システム」(HP)

※一覧へ戻る