長崎・五島列島 福江島の博物誌〜福江島の虫たち
福江で見られる甲虫
(現在116種)

写真をクリックすると拡大画像とコラムのページに移動します



★最近(半年以内)に追加したもの

シラホシハナムグリ12.3
シロテンハナムグリ12.3  ニセビロウドカミキリ11.14 ヒメヒゲナガカミキリ11.14 ゴトウアオハナムグリ10.22 ヤハズカミキリ10.22
ニセシラホシカミキリ9.6 シロスジドウボソカミキリ9.6 ヒトオビアラゲカミキリ8.1 マスダクロホシタマムシ8.1 クズノチビタマムシ8.1


(※以下は掲載種すべて)
コガネムシ科の仲間@ カブトムシなど
福江島のカブトムシは本土のものより小型と言われます。また、特筆すべきは、メタリックブルーに輝く
アオカナブン(福江特産の亜種)。アオカナブンといえば、通常はメタリックグリーンです。

カブトムシ カナブン フクエアオカナブン
アオドウガネ ウスチャコガネ セマダラコガネ オオコフキコガネ


コガネムシ科の仲間A ハナムグリなど
花に集まり、蜜や花粉を食べるコガネムシのグループです。一般的な知名度は低いような気も
しますが、花の受粉に大きな役割を果たしている昆虫です。アオハナムグリは通常は緑系の色
ですが、五島列島のものは赤いことも知られています。

シロテンハナムグリ12.3 シラホシハナムグリ12.3
ゴトウアオハナムグリ ジュウシチホシハナムグリ
ヒラタハナムグリ
 コアオハナムグリ  ヒメトラハナムグリ


センチコガネ科の仲間
福江島で記録されているのはセンチコガネ1種のようです。

センチコガネ


クワガタムシ科の仲間
全島的に分布するのはコクワガタとヒラタクワガタ。ノコギリクワガタはそれに次ぎます。
山地ではミヤマクワガタが見られますが、生息場所はかなり限定されます。この他にネブトクワガタが
採集されていますが、少ないようです。また、最近になってチビクワガタも見つかっていますので
現状では6種類ではないかと思います。オオクワガタはいません。

コクワガタ ヒラタクワガタ ノコギリクワガタ ミヤマクワガタ


オサムシ科の仲間
地上を徘徊する比較的大型のコウチュウで、夜行性のものが多いです。
福江島ではエゾカタビロオサムシ、マイマイカブリ、オオオサムシ、ヒメオサムシと
フトキノカワゴミムシの計5種の記録があります(70年代までの調査による)。
福江産のマイマイカブリは日本最大になります。オオオサムシもそうらしいです。

マイマイカブリ オオオサムシ ヒメオサムシ エゾカタビロオサムシ

ヒョウタンゴミムシ科の仲間
過去の調査では少なくともヒメヒョウタンゴミムシの記録があります。

オオヒョウタンゴミムシ


ゴミムシ科の仲間
オサムシなどと同じく、地上を徘徊するコウチュウです。この仲間は過去に少なくとも
福江島で35種が記録されています。五島列島固有の昆虫は8種類が知られています
が、その全てがコウチュウで、うち6種がゴミムシの仲間です。

ミイデラゴミムシ アトボシアオゴミムシ
イケザキアカヒラタゴミムシ


ケシキスイ科の仲間
樹液に集まりますが、子どもたちにも無視されがちな昆虫たちです。
福江島では70年代までに3種が記録されています。

アカマダラケシキスイ ヨツボシケシキスイ


カミキリムシ科の仲間
五島列島では1970年代までに45種、うち福江島では17種が記録されていますが、古い調査なので
実際はもっと多くの種類がいるでしょう。特産種がいるわけではありませんが、ヨツスジハナカミキリは
本土のものに比べて非常に黒っぽいといいます。

ニセビロウドカミキリ11.14
ヒメヒゲナガカミキリ11.14 ヤハズカミキリ ヒトオビアラゲカミキリ シロスジドウボソカミキリ ニセシラホシカミキリ
シロスジカミキリ ヨツスジトラカミキリ ゴマダラカミキリ フタオビミドリトラカミキリ ヨツスジハナカミキリ
トガリシロオビサビカミキリ キボシカミキリ アオスジカミキリ ベニカミキリ  ホシベニカミキリ
シラホシカミキリ  ラミーカミキリ ミドリカミキリ  ウスバカミキリ トゲヒゲトラカミキリ


ジョウカイボン科の仲間・カミキリモドキ科の仲間
カミキリムシに似ていますが、違う仲間です。

 セボシジョウカイ  ヒメジョウカイ  フタイロカミキリモドキ


ゾウムシの仲間(ゾウムシ科ほか)
ゾウを思わせる長い口先を持つものが多いグループで、コウチュウの中でも非常に種類が
多い仲間です。

シロコブゾウムシ ハスジカツオゾウムシ オオゾウムシ オオシロオビゾウムシ ミヤマヒゲボソゾウムシ
アシナガオニゾウムシ コクゾウムシ マダラアシゾウムシ イネミズソウムシ


タマムシの仲間
福江島では少なくとも6種の記録があります。ヤマトタマムシも含まれますが、私自身は子どもの頃に
一度とったきり、その後は見ていません。

アヤムネスジタマムシ  ウバタマムシ

コメツキムシの仲間
1980年前後の調査では、福江島で15種が記録されています。
私自身も数種類は確認していますが、なかなか種類の同定が難しく、あまり紹介できていません。

フタモンウバタマコメツキ

ゴミムシダマシの仲間、
キマワリは林でふつうに見られますが、子どもたちにも人気のない昆虫。
ヒラタコクヌストモドキは3ミリほどの、穀類の害虫です。

キマワリ ホソクビキマワリ ヒラタコクヌストモドキ

ツチハンミョウの仲間
奇妙な外見と、不思議な生態を持つ昆虫です。福江島ではヒメツチハンミョウ
1種を確認しているほか、過去にマメハンミョウが記録されています。

ヒメツチハンミョウ

ハンミョウの仲間
山道ではニワハンミョウによく出会います。海岸には希少なルイスハンミョウが生息するほか、
コハンミョウやシロヘリハンミョウなどが見られます。

ニワハンミョウ ルイスハンミョウ コハンミョウ

テントウムシ科の仲間
おなじみナナホシテントウをはじめ、福江島では少なくとも14種の記録があります。

 ナミテントウ ナナホシテントウ  ヒメカメノコテントウ ニジュウヤホシテントウ  ベニヘリテントウ
キイロテントウ  ムーアシロホシテントウ アミダテントウ


ハムシの仲間
植物の葉の上で見られることが多い、小さなコウチュウ。目をこらすとその美しさに気づきます。
古い記録によると福江島では少なくとも31種、実際はもっといるでしょう。

アカクビナガハムシ ウリハムシモドキ チャバネツヤハムシ
フジハムシ タテスジキツツハムシ ハッカハムシ イチモンジカメノコハムシ
ヨツモンカメノコハムシ
アカガネサルハムシ オオアカマルノミハムシ イチモンジハムシ キボシツツハムシ クロオビナガツツハムシ
ジュンサイハムシ アトボシハムシ カミナリハムシ クロウリハムシ ウリハムシ


ホタル科の仲間
ゲンジとヘイケ、2種類の水辺のホタルのほか、森には多数のヒメボタルが見られます。
オバボタルは幼虫が光りますが、成虫は発光しません。

ゲンジボタル ヘイケボタル  ヒメボタル  オバボタル


ベニボタルの仲間
よく見られるのは、赤と黒の体に大きな触角が目立つカクムネベニボタル。他にも
種類がいるかもしれません。

カクムネベニボタル


ハネカクシ科の仲間
一見するとコウチュウには見えない姿。なかでも、アオバアリガタハネカクシは田畑のそば
などでよく見かけます。福江島では1970年代までに6種が記録されています。実際には
その数倍はいるのではないでしょうか。

アオバアリガタハネカクシ
アカバハネカクシ ツマグロアカバハネカクシ ハネカクシ科の一種

ゲンゴロウやミズスマシなどの仲間
大型のものではコガタノゲンゴロウやガムシがいます。おそらく農薬のため、水生昆虫は
この数十年で激減してしており、ミズスマシ類も珍しくなりました。

コガタノゲンゴロウ ハイイロゲンゴロウ コシマゲンゴロウ ヒメミズスマシ   オオミズスマシ
ガムシ


その他のコウチュウの仲間

ヒメマルカツオブシムシ ノコギリヒラタムシ