夜の木の幹で
キマワリ (ゴミムシダマシ科)
Plesiophthalmus nigrocyaneus



                                    (2006.8.7:火ノ岳)


夜行性です。カブトムシやクワガタを探して夜の林に行くとたいがい見られます。
木の幹にライトを当てると、ぺたっと張り付いています。大きさは2センチほど。


                               
正直なところ、見つけてもあまりうれしくありません。釣りでいうなら雑魚的な
感じでしょうか…。北海道から九州まで生息し、朽ち木などを食べます。
(2007.6.30記)


※甲虫@一覧へ戻る