日本最大のゾウムシ
オオゾウムシ (ゾウムシ科)
Sipalinus gigas



                                  (2011.8.9:旧福江市大曲)


★分布:北海道〜南西諸島     ★大きさ:12〜29ミリ    ★見られる時期:6〜10月

日本には1000種類以上のゾウムシがいると言われていますが、その中で
最大のゾウムシです。雑木林の樹液などに集まり、福江でも普通に見られます。



森にカブトムシやクワガタのワナ(果物や蜜を使ったもの)をしかけると、よく
やってきます。日本最大とはいうものの、大きさにはずいぶん違いがあって、
1センチちょっとぐらいの小さなものから3センチもあるものまでいます。
いかにも重厚で頑丈そうなゴツイ体をしていて、外観はちょっと落花生?のような
感じがします。



ゾウの鼻のように見えるのは長く伸びた口先で、その先っちょには大あごが
あって、木に穴を開けたり、ものをかじったりすることができます。



小学生の頃は、よく林の中で採りました。木の幹にいることが多かったと
思います。動きは遅く、つかまえてもおとなしくしています。



指にとまらせるとしがみつきますが、足の内側にはトゲがあり、放そうとすると
それが指にかかってチクッと痛かったことを覚えています。木から離れにくい
ようになっているのでしょう。



一方で、危険を感じると足をたたみ、ポロッと下に落ちて逃れる術も身につけています。
2011年の夏には10匹以上と出会いました。
(2011.8.17記)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「動く図鑑MOVE 昆虫」 講談社
 

※甲虫@一覧へ戻る