得意は死んだフリ
フタモンウバタマコメツキ (コメツキムシ科)
Cryptalaus larvatus pini



                              (2013.9.22:三井楽町・浜の畔)


★分布:本州〜沖縄   ★大きさ:29ミリほど   ★福江で見られる時期:夏〜秋

コメツキムシという甲虫(コウチュウ)のグループがあります。自然に恵ま
れた地域の男の子なら、つかまえて遊んだことがあるのではないかと思う
のですが、お腹を上に向けて置くと、「パチン」と跳ねて元に戻ろうとする
面白い虫です。
このフタモンウバタマコメツキは、そんなコメツキムシの中でも特に大型の
種類。草むらなどで目にする種類の2倍もあります。ウバタマコメツキとい
う、よく似た種類がいますが、こちらは名前の通り、体の後半の横の方に
大きな茶色の斑紋があります(左右で2つ)。



福江では、夏の街灯に集まってきたり、山道で拾ったりして目にします。
この個体は、三井楽(みいらく)町の「遣唐使ふるさと館」そばで知人に
拾われたものです。その近くの海岸には松林がありますが、この虫の幼
虫はマツの枯れ木の中にいるわけなので、「ふるさと館」付近にいたと
いうのは非常に納得のいくことです。



この虫は「擬死、いわゆる死んだフリをすることでも知られています。
撮影していた時も、最初は動いていたのに、しばらくすると全く動かなく
なってしまいました。10分ほどは待ったのですが、それでも足をたたんだ
まま、全く動き出す気配なし…ということで、それ以上の撮影はあきらめ、
野に帰ってもらいました。少なくとも私には、死んだフリの効果はあった、
といえるのでしょう…。
(2013.11.12)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社

※一覧へ戻る