飛べるオサムシ
エゾカタビロオサムシ (オサムシ科)
Campalita chinense



                                     (2011.8.6:岐宿町)


★分布:北海道〜沖縄本島     ★大きさ:21〜31ミリ    ★見られる時期:夏〜秋頃?

夏の夜、電灯にはたくさんの虫が集まります。そんな中で、カブトムシやガの仲間に
混じって見つけたのがこの虫です。最初は、福江に多いヒメオサムシかな?と
思ったのですが、何か違和感を感じたので採集し、昼に撮影して放しました。
図鑑で調べると、エゾカタビロオサムシという種類でした。頭の後ろ付近は赤銅色に
鈍き輝き、背面には点の列が並んでいます。
福江で見るオサムシといえば、マイマイカブリ、オオオサムシ、ヒメオサムシという
印象があったのですが、この種類もいることを初めて知りました。



マイマイカブリをはじめ、オサムシの仲間は羽が退化していて飛べないものが
多いのですが、この種類は飛ぶことができます。だから街灯にやってきたのですね。
なんとなく納得しました。



日本各地に生息していますが、減っている地域もあって、例えば宮城県では絶滅が
心配されているといいます。福江での現状は不明です。


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
        

※甲虫@一覧へ戻る