足毛ふさふさ
ウスチャコガネ (コガネムシ科)
Phyllopertha diversa Waterhouse



                                (2011.5.12:岐宿町・京嶽公園)


★分布:本州〜九州  ★大きさ:8ミリ   ★出現期:4月〜 

初めて見つけた、1センチほどの小さなコガネムシ。草の上を歩き回っていました。
体の後半は薄い茶色に見え、それで「ウスチャ」コガネなのだと思います。
実際は固い羽の部分が半透明なようで、その下にたたまれた羽が透けて
見えています。ちなみにアオウスチャコガネとか、コイチャコガネという種類もいます。
一見して思ったのが、毛が目立つこと。全体に生えている感じですが、特に
多いのは足のまわりです。もしかしたら、お腹側にもふさふさしているかもしれませんが
この時はそこまで見ませんでした。



先が3つに分かれた触角も特徴的で、それをアンテナのように広げて(実際に
アンテナなのですが)何かを探っているように見えました。
昼行性で、草地を低空飛行していることが多いようです。コガネムシの仲間としては
出現時期が早く、春先から姿が見られるようになります。



図鑑にはあまり詳しい情報が載っていなかったのですが、ネットで調べてみると
ゴルフ場の害虫としても知られているようです。幼虫は土の中で暮らし、芝生の
根っこを食べてしまうといいます。
また、成虫の寿命はわずか2週間ほどしかなく、その間はほとんど何も食べないようです。
オスはやや細長いので、写真のものはメスではないかと思います。
一匹のメスに何匹ものオスがダンゴ状に群がることが知られていますが、
わずか2週間の間に繁殖相手を見つけなければならないのですから、オスも必死なので
しょう。大きく広げた触角は、もしかしたら相手の存在を探すためのものなのかも
しれないですね。
(2011.7.15)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※甲虫@一覧へ戻る