触角長い!
キボシカミキリ (カミキリムシ科)
Psacothea hilaris hilaris



                                (2011.8.9:旧福江市・鬼岳山麓)


★分布:北海道〜南西諸島  ★大きさ:15〜30ミリ   ★出現期:5〜9月 

カミキリムシの中では小さいほうに入るでしょう。胸部に入った黄色のスジと背面に
散らばる黄色い斑点が特徴で、それが黄色い星、つまりキボシというわけですね。
今回は、鬼岳山麓の林の中で見つけました。木の幹にじっとしている状態でした。
クワ科の植物の葉や樹皮を好みます。
福江で言えば、クワ科といえば例えばアコウとか、イヌビワなどがそれに当たります。
人家で植えられていることがあるイチジクもそうですね。きっとそうした木々のそばで
見つかることも多いでしょう。



夜、街灯の明かりにも集まってくると言いますが、私はいつも林の中で出会っています。
木の幹にいることもあれば、ちょっと高い葉の上に何かとまっていることもあります。
驚くとすぐに飛び去ってしまいます。実はこの時もそうでした。



ほぼ日本全国で見られる種類で、福江でも時折見かけます。
しかし比較的小さいので、知らなければ気づかないかもしれません。



黄色い斑点が目印と言えば目印ですが、触角がとても長いことも特徴です。
なんと体長の2倍以上にもなるのです。
ここまで長いと、飛ぶ時に邪魔にならないのかと思いますが、きっと
そんなことはないのでしょうね。
(2011.10.16)


※参考文献  「山渓 フィールドブックスL 甲虫」  山と渓谷社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

       「講談社の動く図鑑MOVE 昆虫」 講談社

※甲虫@一覧へ戻る