ハチそっくりの姿  
ヨツスジトラカミキリ (カミキリムシ科)
Chlorophorus quinquefasciatus



                                    (2006.8.7:火ノ岳)


福江島で最も普通に見られるカミキリムシの一つ。
黄色と黒の縞模様が特徴で、大きさ15ミリほど。一見するとハチの仲間に
見えてしまうかもしれません。北海道から沖縄方面まで分布するようです。


                              
子どもの頃、家の縁側によく飛んできました。しばらく見ていると、
素早く飛び去っていったものです。鐙瀬(あぶんぜ)海岸の近くでは、
一つの木の幹に何匹もが走り回っていたこともあります。
これらの写真は、林道の草の上でじっとしていたところを撮りました。
(2007.6.30記)


※甲虫@一覧へ戻る