夜の街灯にどっさりと
アオドウガネ(コガネムシ科)
Anomala albopilosa albopilosa



                               (2006.8.9:火岳)


大きさ2センチほど、メタリックグリーンの体はなかなかのものです。
本州から九州にかけて見られ、福江でもたくさん見られます。
一番見かける機会といえば、夏の夜の街灯です。街灯のみならず、
自動販売機の明かりなどにもたくさん集まります。光が強烈な場所などでは
数十、数百もの数になることも。私が子どもの頃も、親戚の商店の
明かりには毎日数十匹もやってきたものです。
当時の昆虫図鑑は写真でなく絵であったこともあり、私たちは
このアオドウガネを「アオカナブン」だと思っていました。
正式な名を知ったのはずいぶんあとのことです。
手で捕まえると、手のひらによくフンをされます。茶色で水っぽいこのフンが
また、イヤなにおいなのです。ですから、あまり好きな虫ではありませんでした。



さて、この虫ですが、夜はよく見るものの、日中はあまり見ないなあ、と
思っていたら、たまたま林道を歩いていて見つけました。草の上にいたのですが、
彼らはいろいろな植物を食べるのだとか。

一方で、彼らを好んで食べる生きものもいるようです。下の写真をご覧下さい。


                               (2006.9.25:玉之浦町・大瀬崎)

これは、大瀬崎でハチクマの渡りを観察している時に、バードウオッチャーの
方が見つけて見せてくれたものですが…カラスの「ペリット」、つまり
消化できなかったものを吐き出したカスなのだそうです。
緑色のものがたくさん入っていますが、これはアオドウガネの固い前羽です。
そうか、カラスは小さなアオドウガネを目ざとく見つけて食べたりしているのか…と
感心してしまったのでした。
(2007.6.25記)

※甲虫@一覧へ戻る