福江で一番ふつうのクワガタ
コクワガタ (クワガタムシ科)
Dorcus(Macrodorcus)rectus



                               (2006.9.20:火岳産のオス)


大あごを持つオスは2〜5センチほど、メスは2〜3センチになるクワガタ。
北海道から九州でごく普通に見られ、クワガタでは福江でもいちばん普通に
見られます。上の写真のオスは、8月の夜に捕まえて東京に持ち帰り、
およそ一ヶ月後にまた福江に戻しました。カブトムシは秋が来る前に死んで
しまいますが、クワガタの中には冬を越して生きるものもいます。


                                 (2006.8.8:鬼岳付近にて・メス)

ふつうの図鑑には、「クヌギやコナラの樹液に集まり、夜は灯火にもやってくる」
というようなことが書いてあります。しかし、私自身は福江で「樹液に集まる
クワガタ」をとったことはありません。福江にはクヌギやコナラはあまりありませんし、
子どもの頃はどれがその木なのか、全くわかりませんでした。というわけで、
子どもの頃はもっぱら、木の幹のすき間や根元に隠れているものや
夜の街灯・明かりに飛んでくるものを採っていました。
福江ではタブノキやアカメガシワなどの樹液に来るようですが、まだ
その現場には出会っていません。
エサを仕掛けて集めるとたくさん集まるのですが…。



上の写真のように、色が赤っぽいオスもよく見られます。赤っぽいものは
大型のものが多いような気がします。


(2007.6.29記)



※甲虫@一覧へ戻る