今まで存在に気づかなかった
アカマダラケシキスイ(ケシキスイ科)
Lasiodactylus pictus



                               (2009.7.22:火ノ岳)


★分布:本州〜九州、南西諸島  ★大きさ:7ミリほど
★出現期:6〜8月
 

ケシキスイという甲虫のグループは日本では160種以上が知られているようです。
漢字で書くと「芥子木吸」と書くのだとか。大半は5ミリ以下の小さな種類です。
アカマダラケシキスイは名前の通り、背に赤茶色のまだら模様がある平たい姿を
しています。カシなどの樹液のほか、腐った果実を好みます。

私は時々、知り合いの昆虫マニアへのおみやげに福江の虫を少し採っていくことが
あります。クワガタなどを採る時はバナナをネット(ストッキングなど)に入れたものを
木につるしておびき寄せるのですが、この虫はそこによく集まるのです…ということに
最近初めて気がつきました。クワガタなど大型昆虫にばかり目がいっていたのですが、
そこにはこんな地味な…昆虫もたくさん集まっているのですね。バナナの中に、何匹も
潜り込んでいます。



基本的に夜行性なのではないかと思います。
というのは、撮影しようとして落ち葉の上に置くと、急いでその下に入り込んで
しまうのです。陰に入り込むと落ち着きました。
おみやげ虫採りのおかげでその存在に気づいたアカマダラケシキスイ。
でも、さすがに子どもたちには人気は出ないだろうなあ…。
(2009.8.1記)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 (南方新社)
       「山渓 フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社


※甲虫@一覧へ戻る