体の裏側も必見
アヤムネスジタマムシ(タマムシ科)
Chrysodema lewisii E.Saunders



                                  (2006.9.24:大瀬山山頂)

金属光沢のある緑色が美しい、2センチほどのタマムシ。本州から沖縄に
かけて見られ、スダジイやマテバシイの枯れ木で見られます。
これはハチクマ(タカの仲間)の渡りを観察している時、島外から来られた
バードウォッチャーの方が見つけたものです。
私は福江で見るのは初めてでした。と言っても、過去にも八丈島で一度だけ
出会ったことがあるのみです。八丈島ではそう珍しくないようでした。


                            
上の写真を見ていただくと、体の表以上に裏側が美しいことがわかります。


                                                       
タマムシといえば、福江では元祖ヤマトタマムシを一度だけ、そして
小学校時代はウバタマムシをよくとったものでしたが、ずいぶんご無沙汰しています。
早い機会に探したいものですが…福江でヤマトタマムシを見つけた方、
ぜひ教えてください。
(2007.6.30記)


※甲虫@一覧へ戻る