ネムノキにやってくる
アオスジカミキリ (カミキリムシ科)
Xystrocera globosa



                                  (2011.9.29:玉之浦町・大宝)


★分布:本州、四国、九州  ★大きさ:15〜35ミリ   ★出現期:6〜8月 

初めて見たカミキリムシですが、美しいと思いました。茶褐色の体に黒っぽいスジが
入っているのが特徴ですが、日光の下ではこのスジは深緑色に鈍く光ります。
この個体は3センチ以上あり、非常に見栄えがしました。



見つけたのは、実は道路沿いにある公衆トイレの中です。強風と大雨から逃れて
そこへやってきて天井を見たところ、たくさんのバッタやガに混じって1匹だけ
カミキリムシが付いていたのです。傘の先でつついて落とし、撮影のために
葉っぱの上に乗ってもらいました。
このトイレには外に電灯があります。おそらく夜、その光につられてトイレの中に
入り込んでしまったのでしょう。



暖かい地方で見られますが、それほど数は多くないようです。
昆虫愛好家の中にはカミキリムシマニアというのが結構いるのですが、
このカミキリは人気が高い種類かもしれません。きれいですからね。



アオスジカミキリは、弱って枯れかかっているマメ科の樹木、例えばネムノキを探して
やってくるそうです。産卵のためです。幼虫は、こうした木の材を食べて成長するのです。



成虫は6〜8月に現れるそうですが、私が出会ったのは9月末。おそらく、繁殖を
終えた、わずかな生き残りでしょう。ラッキーな出会いに導いてくれた豪雨に
感謝しなければなりません。
(2011.10.16)


※参考文献  「山渓 フィールドブックスL 甲虫」  山と渓谷社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

       「講談社の動く図鑑MOVE 昆虫」 講談社

※甲虫@一覧へ戻る