とにかく痛かった思い出
ヒラタクワガタ(クワガタムシ科)
Dorcus titanus



                                   (2006.815:鬼岳近く)


子どもたちはもとより、昆虫マニアにも人気のある種類で、大きいオスでは
7センチを超えます。一方で同じオスでも3pほどしかない小型のものもいます。
上の写真のものは中型サイズで5センチぐらいでしょうか。
よく見られるコクワガタに比べて重厚感のある体つきで、黒光りした姿は
非常にかっこいいです。本州から九州まで見られますが、地域によって大アゴの
ギザギザに違いがあるそうで、五島のものは「ゴトウヒラタクワガタ」とも呼ばれて
います。私の経験では、コクワガタと違ってなかなか出会いの少ない種類でした。
学校で友達が「きのうヒラタば採った」などと話しているとうらやましく、
悔しかったものです。

初めて採ったのは、私がかつて住んでいた家の畑にあった木のうろの中です。
うろといっても、幹にできた細いすき間といった感じのものですが、ある日、
その中に入っているクワガタを見つけたのです。ヒラタクワガタのオスでした。
その木は今はもうありませんが、葉の形や幹などのうっすらした記憶からすると、
おそらくアカメガシワという木だったと思います。
また、家から近い小さな林で、大きな石をひっくり返すと
大きなオスが木の根にしがみついていたこともあります。
夜の街灯などではなかなか見つかりません。というか、メスは飛んでくるのですが
オスはなかなか出会えません。どうやら、オスは体が大きいためメスよりも
遠くまで飛べないようです。

ヒラタクワガタについては苦い思い出もあります。
一つは、やはり小学生の時、長崎市のペットショップで200円で買った大型の
ヒラタクワガタに宿で逃げられてしまったこと。
それともう一つは、とても痛かった記憶です。これも10歳ぐらいの時でしょうか、
小さなヒラタクワガタのオスを飼っていました。大アゴも小さく、全体的に寸詰まりな
感じのするオスでしたが…ある時、飼育容器から出して遊んでいたところ、
いきなり指先をはさまれたのです。その痛かったこと。大アゴが短いからこそ、
逆に強い力で指に食い込んできました。そして放してくれないのです。
私はクワガタを下に置き、しばらく我慢しました。すると、次第に大アゴの力がゆるんで
くるのがわかりました。が、少しでも指を動かすと、間髪入れず「ガッ!」と
再び挟まれるのです。何度か繰り返すうちに大アゴはどんどん食い込み、
あまりの痛さに私の目には涙があふれてきました。10分ぐらいは格闘したのでは
ないでしょうか…。とても長い時間に感じられましたが、結局、通りかかった弟か
おばさんに大アゴをこじ開けてもらったように記憶しています。

もういい歳こいている私ですが、7センチを越えるという大型のオスを
いずれ見てみたいと思っています。もちろん福江でですよ。
(2007.6.30記)


※甲虫@一覧へ戻る