鮮烈の赤
ベニカミキリ (カミキリムシ科)
Purpuricenus temminckii



                            (2012.5.3:旧福江市・西来院)


★分布:北海道〜九州     ★大きさ:13〜17ミリ     ★見られる時期:4〜8月 

鮮やかな赤い色をしたカミキリムシ。大きくはないのですが、この色ですから
よく目立ちます。草木の緑の中でのコントラストは強烈で、見つけるとなぜか
引き寄せられてしまいます。赤というのは何かしら人を引きつける力があるのかも
しれません。



赤に目を奪われがちですが、頭と足、触角は黒です。また、頭のすぐ後ろ(胸)には
黒い模様があります。この形には変化があります。



幼虫は枯れた竹を食べ、成虫になると花の蜜を好みます。
私は草の上で見つけたり、飛んでいるのをたたき落とすという出会い方が
多いのですが、クリの花などで見つかることが普通のようです。
私は一匹だけでいるところしか見たことがないのですが、クリなどには
たくさん来ることがあるのでしょうか。何匹もいたら、なかなかの壮観でしょうね。
(2012.5.28)


※参考文献   「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

※甲虫@一覧へ戻る