歩行スピードは速い
ノコギリヒラタムシ (ホソヒラタムシ科)
Oryzaephilus surinamensis (Linnaeus)



                          (2016.11.9:岐宿町・山内盆地産)


★分布:日本全土   ★体長:3ミリ  

コクゾウムシなどと並んで、コメなど穀類の害虫として世界中で知られて
います。体長は3ミリほど、やや赤みがかった体です。
胸部の両側にノコギリ状の突起があるのが大きな特徴で、名前もそこか
らきています。



撮影のため、島内の知人に採集してもらったコクゾウムシの中に、ヒラタ
コクヌストモドキ
とともに混じっていました。
下の写真では右がノコギリヒラタムシ、左の2匹がコクゾウムシです。



さらに下の写真では、右がノコギリヒラタムシで左がヒラタコクヌストモドキ
です。ヒラタ〜よりもくすんだ色合いで、体の前半がスリムですね。



コクゾウムシ・ヒラタコクヌストモドキと比べ、数は圧倒的に少なかったの
ですが、それらよりも歩くスピードが非常に速いので気がつきました。
コメなどイネ科植物の胚芽を特に好み、米ぬかなどにも発生します。ノコ
ギリコクヌストの別名もあります。

今回、コメに集まる虫を採集してもらったら、少なくともこれら3種類を見
ることができました。みな3ミリぐらいで、遠目には似ていますが、それぞ
れ異なるグループのコウチュウであったことは非常に興味深いことでした。
コメの害虫といっても、実に多様なのです。
(2016.12.15)


参考資料 「住化テクノサービス株式会社HP」
       「農研機構HP」
       「イカリ消毒オンラインショップHP」


※一覧へ戻る