飛べない穀類害虫
ヒラタコクヌストモドキ (ゴミムシダマシ科)
Tribolium confusum



                          (2016.11.9:岐宿町・山内盆地産)


★分布:日本全土  ★体長:3.5ミリ  

世界中に分布し、穀類の害虫として知られるゴミムシダマシ科の昆虫。
体長3ミリほどで、全体的に赤みを帯びています。世界的には小麦粉の
大害虫として知られ、コメやトウモロコシ類にもつきます。ドライフルーツや
ビスケットなどに発生することもあるそうです。
よく似たコクヌストモドキとは、触角が先に向かって太くなることや飛べない
ことなどで区別できます。名前に含まれるコクヌストは「穀盗人」の意ですが
、ややこしいことに、この種類とは別にコクヌストという昆虫のグループ(コ
クヌスト科のコウチュウ)があります。この仲間も穀類の害虫として知られ
ています。



私はこれまでこの昆虫のことを全く知りませんでした。島内の知人がコク
ゾウムシ
を採集してくれた時、コクゾウムシとともにコメに発生する虫とし
て教えてもらったのです。いただいたコクゾウムシの中にたくさん混じって
いて、色の違いで肉眼でも区別できました。また、コクゾウムシと違って
プラスチックやガラスの壁を上ることができないので、容器に一緒に入れ
ておくと、コクゾウムシは容器の上のほうに上っていき、ヒラタコクヌストモ
ドキはみな下に残されました。



成虫で越冬し、寿命は300日から2年におよぶこともあるといいます。
普通の昆虫図鑑には載っていないことが多く、農業害虫を扱う研究機関
や農薬系メーカーなどのHPに詳しい情報が出ています。
コクゾウムシのほかにも、コメの害虫としていろいろな昆虫がいるのです
ねえ…(感嘆)。
2016.12.15)


参考資料 「住化テクノサービス株式会社HP」
       「農研機構HP」
       「イカリ消毒オンラインショップHP」


※一覧へ戻る