金属光沢が美しい
カナブン(コガネムシ科)
Rhomborrhina japonica



                                  (2002.8.9:鬼岳近く)


カブトムシ、クワガタと並んで一般的な知名度の高い虫ですね。
ただ、名前は知っていても意外と見たことのない人も多い気がします。
大きさは3センチほどになり、本州から九州にかけての里山などで見られます。
カブトムシほどの人気はありませんが、金属光沢のある体はなんとも
美しいものです。カブトムシなどと同じくクヌギなどの樹液に集まりますが、
日中に活動するので、夜の街灯などには集まりません。
林の中にいると、「ブーン」という羽音をたてながら飛んでくることが
あります。危険を感じたりすると、パッと素早く飛び立ってしまいます。
上の写真を撮影したときも、このあとすぐに逃げられてしまいました。
(2007.6.25記)


※甲虫@一覧へ戻る