美しい外来カミキリ
ラミーカミキリ (カミキリムシ科)
Glenea relicta



                                (2012.5.28:玉之浦町・小川)


★分布:本州〜九州、奄美諸島など    ★大きさ:13ミリ     ★見られる時期:5〜7月 

薄い水色と黒い斑紋が美しい小型のカミキリムシ。写真ではわかりにくいかも
しれませんが、この薄い青が、野外で見るとそそるのです。宝物を見つけたような
ドキドキ感というか…ぜひ一度見ていただきたいと思います。
頭の下あたりの模様がパンダの顔に似ているとか、朝日放送の人気番組
「探偵!ナイトスクープ」では「礼服を着たガチャピンムシ」として紹介されたとか、
外見は実に印象的です。
西日本を中心に見られ、近年は東京方面にも北上中だといいます。

今回は玉之浦町の神社で見つけたのですが、福江で見たのはかれこれ30年以上前、
小学生の頃です。弟がつかまえたのですが、確か、その後に逃げられてしまったと
記憶しています。私たちのうちにあった子供用の昆虫図鑑にも載っていたので
ラミーカミキリであると認識していました。ラミーって何だろう?と思いながら。



このカミキリ、実は外来種です。もともとインドシナから中国などに生息していて、
日本には輸入植物と一緒に入ってきたようです。
国立環境研究所の侵入生物データベースによると、

「国内の最も古い記録は1860〜70年代(長崎?).対馬での初記録は1990年代前半,
繊維作物ナンバンカラムシ(ラミー,Boehmeria nivea)の輸入に随伴して非意図的に
持ち込まれたと考えられる」


とあります。
そう、ラミーとはカラムシという植物の仲間の名前だったのです。



日本でもカラムシ科(福江にもたくさんあります)の植物の葉や茎を食べている
そうですが、私が見つけたのはカラムシ科ではなく、全然違う木の葉の上でした。
種類はまだ調べていませんが、小さな木に5匹も6匹もついていましたから、
ラミーカミキリが好む木ではあると思うのですが。



撮影した時の印象ですが、人の接近にはかなり敏感です。ですから、正面に回ったり
することはできませんでした。ストロボを発光させながら近づいていくと、しまいには
パッと素早く飛び立ってしまうのです。
いっぱいいるから、と思っていたら、結局全部飛び去ってしまったのでした。
(※しばらく待っていると、また2,3匹は飛んできました)
(2012.6.30)


※参考文献   「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社
          「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※甲虫@一覧へ戻る