オスは前足が長い
アシナガオニゾウムシ (ゾウムシ科)
Gasterocercus longipes



                            (2012.5.26:旧福江市・上大津)


★分布:本州、四国、九州    ★大きさ:12ミリ    ★出現期:6〜9月 

5月末の福江にやってきました。港から歩いてアパートに向かう途中、空き家の
ガラス戸のすみっこについていたのがこのゾウムシです。ビニール袋に入れて持ち帰り、
翌日に葉の上に乗せて撮影しました。わざわざ持ち帰った理由は、形がとても
ユニークだったからです。昆虫は6本の足を持っていますが、このゾウムシのオスは
一番前の2本が長いのです。アシナガという名前もそこから来ています。



ゾウムシは細長い口先がまるでゾウの鼻を思わせる昆虫ですが、これを見つけた
時は、かなり違和感がありました。
パッと見でゾウムシの仲間だろうとは思ったものの、下の写真を見るとわかるのでは
と思いますが、ゾウムシらしい細長い口先がないように見えたのです。



よく見ると、なんのことはない、細長い口先は、体に対してほとんど直角に下を
向いていました。
前から見ると、つぶらな黒い眼と口先がわかります。



最後に、ちょっと不思議な姿をご覧にいれましょう。
草の茎につかまって、前足を折りたたみました。
なんだか変な感じですね…。



図鑑によると、エノキの枯れ木を好むとあります。見つけるには、エノキのそばを
探すとよいのでしょうか。
次回は、前足が長くないらしいメスを見つけたいところです。
(2012.5.28)


※参考文献   「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

※甲虫@一覧へ戻る