青く輝く福江特産亜種
フクエアオカナブン(コガネムシ科)
Rhomborrhina (Rhomborrhina) unicolor fukueana 



                               (2009.7.15:福江島某所)


★分布:福江島  ★大きさ:3センチほど  ★出現期:7〜8月 

普通の「アオカナブン」はメタリックな緑色をしているのですが、福江島のものだけは
ご覧のように濃いメタリックブルーです。近年、アオカナブンの亜種とされました。
ストロボをたいて撮影すると写真のように深みのある青色に輝きますが、
そうでないと意外と黒っぽく見えます。



何年か前にその存在を知って以来、いつか見てみたいものだと思っていましたが、
2009年の夏にようやく出会うことができました。実に美しいものですね。
福江にしかいませんから、夏にはこのアオカナブンを求めて昆虫コレクターが島を
訪れます。バナナを使ったトラップ(罠)でおびき寄せて捕らえるのです。



虫採りは結構ですが、どうしても一定程度、ロクでもない者がいるようです。
知り合いから聞いたところでは、このアオカナブンを採るため、バナナに集まった
普通のカナブンまで大量に殺し、アオカナブンだけ選り分けて
残りはドサッと捨てていくような例があるとか。田舎だからといって、ずいぶんなことを
するではありませんか。そんな現場を見つけたら、金玉に蹴りでもくれてやりましょうか。
そういう馬鹿者は虫採りを楽しむ資格なし。



このアオカナブン、福江全域にいるかどうかはまだわかりませんが、
今のところ、一部地域でのみ確認されているようです。
今後、少しずつ調べてみようとは思っていますが。
コレクターにはよく知られているアオカナブン採集場所があるのですが、
私がこれを見つけたのは違う場所です。でも、どこかは秘密にしておきましょう。
おかしなコレクターに荒らされるのが嫌なので。
福江の名が付く数少ない生きものですから、
いつまでも島に生息していてほしいものです。
(2009.7.25記)


※甲虫@一覧へ戻る