ヨモギの上によくいます
ハスジカツオゾウムシ(ゾウムシ科)
Lixus acutipennis



                                (2011.5.15:旧福江市・吉久木)


★分布:本州〜九州   ★大きさ:9〜14ミリ  ★見られる時期:5〜8月

春から夏にかけ、草の上で見られるゾウムシです。ヨモギやアザミなどの
葉を好んで食べるので、そのような植物の葉の上や茎にいることが多い
です。この時はシダに付いていました。
粉をふいたような質感の褐色の体に、焦げ茶色のスジが斜めに入るのが
特徴。決して大きくはありませんし、派手でもないのですが、緑の葉の上に
いるとなぜかよく目立ちます。



2匹のペアでいることも多く、実はこの時もそうでした。私がうっかり葉を動
かしてしまったため、パートナーは下に落ちてしまったのです…。すまんじ
ゃったのう。
メスはアザミなどの茎に穴をあけ、そこに卵を産みつけます。ふ化した幼
虫は茎を食べて育ち、茎の中でさなぎになるのだそうです。
(2011.7.15記)


※参考文献 「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社
      
 「山渓 フィールドブックスL 甲虫」 山と渓谷社

※甲虫@一覧へ戻る