白い斑紋が美しい
シラホシカミキリ (カミキリムシ科)
Glenea relicta



                                (2012.5.28:玉之浦町・頓泊)


★分布:本州〜九州     ★大きさ:11ミリ     ★見られる時期:5〜8月 

黒とえんじ色のボディに白い斑点が美しい、小型のカミキリムシ。
サンゴジュの花を撮ろうとやってきた頓泊海岸、道沿いの木の葉の上に
とまっていました。いきなり目の前にいたのですが、かれこれ十数年ぶりに
見ました。東京の高尾山で木の幹に2匹いるのを見つけたのが最初で、
福江では初めて見ました。
この日は風が強かったこともあって、2枚シャッターを切ったところで
飛び去ってしまいました。ということで、画像は後ろ側からのものしか
ありません。残念。
アジサイ類、サルナシ、ゴトウヅルなどの葉を好んで食べます。
(2012.6.30)


※参考文献   「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社
          「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※甲虫@一覧へ戻る