カビを食べるテントウムシ  
キイロテントウ (テントウムシ科)
Illeis koebelei



                               (2013.6.13:五島市・大曲)


★分布:本州〜九州、南西諸島  ★体長:4・5ミリほど  ★成虫が見られる時期:4〜10月

ナナホシテントウやナミテントウに比べると一回り小さなテントウムシ。
上羽の鮮やかな黄色が目につきます。頭部と胸は白っぽく、黒い斑点
が2つあるのも大きな特徴です。

本州から沖縄まで見られる種類で、ウドンコ(うどん粉)病菌など、植物
の葉や茎に生えるカビを食べます。テントウムシといえば、アブラムシを
食べると思われている方が多いと思いますが、実際は植物の葉を食べ
るものもいますし、こうしてカビなどを食べるものもいるわけですね。

3年ほど前に撮影した写真が一枚だけしかありません。記憶が定かで
はありませんが、おそらく、このあと飛んでいってしまったのかもしれま
せん。
(2016.5.28)


※参考資料

「ポケット版 学研の図鑑1 昆虫」 学研
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※一覧へ戻る