ちょっとおしゃれさん
コシマゲンゴロウ (ゲンゴロウ科)
Hydaticus grammicus



                                   (2011.8.5:旧福江市平蔵)


★分布:北海道〜九州    ★大きさ:10ミリ

ため池や水田で見られる1センチほどのゲンゴロウ。背面には小さな黒点でできた
筋模様があり、頭はちょっとオレンジがかっています。色彩に乏しい種類が多い
ゲンゴロウの仲間としては、美しいほうだと言えるでしょう。


                                           (2009.7.22:岐宿町二本楠)                                            

私が子どもの頃は、田んぼでよく見つけることができました。ハイイロゲンゴロウと
並んでごく普通に見られ、名前もコシマゲンゴロウと知っていましたから、子ども用
図鑑にも載っていたと思います。
現在はどうかというと、かなり数を減らした印象です。島内いろいろな地区で
見ることは見るのですが、探しても100%では見つからないかもしれません。



国および県のレッドリストには載っていませんが、もし福江でレッドリストをつくると
したら「準絶滅危惧」というぐらいにはなると思います。以前に比べて数が相当
減っているので要注意というレベルですね。
またどこかで書きますが、今の福江の田んぼのほとんどは、昔と違って生きものの
宝庫ではなくなってしまっています。子ども達が目を輝かせるような楽しい田んぼが、
福江にも本当に少なくなりました。
パンフレットでは豊かな自然とか、自然が残されているとか言っているくせに
実は生きものとの共生に失敗している田舎。それを意識さえしていない田舎。
それもまた福江島の現実なのでした。
(2011.9.6記)


参考文献 「福岡県の水生昆虫図鑑」 井上大輔・中島淳
       「講談社の動く図鑑 MOVE 昆虫」 講談社


※一覧に戻る