五島最大のゲンゴロウ
コガタノゲンゴロウ (ゲンゴロウ科)
Cybister tripunctatus orientalis

絶滅危惧U類(VU) …環境省レッドリスト2015
絶滅危惧U類(VU) …長崎県レッドリスト2011修正版



                             (2016.8.29:岐宿町・中嶽)


★分布:本州〜南西諸島    ★大きさ:24〜27ミリ

本州から南西諸島にかけて見られるゲンゴロウの一種。日本で一番大き
いゲンゴロウは「ゲンゴロウ」という種類で4センチほどになりますが、五島
には生息していません。ということで、五島で最大のゲンゴロウは、3セン
チほどの大きさになる、このコガタノゲンゴロウなのです。よく間違えられ
るのですが、「コガタ」の後に「ノ」が入ります。コガタゲンゴロウではなくて
コガタゲンゴロウ。最近まで五島で発行されていたタブロイド新聞でも、
「コガタゲンゴロウ」と間違えて紹介されていました。



姿は本家ゲンゴロウとよく似ていて、厚みのある深緑色の体を、ヤマブキ
色のラインが縁取ります。水中にいる時は、少し赤味がかって見えます。
ため池や水田、河川などで見られ、本州では非常に少なくなっているとい
いますが、福江島ではかなり数が多く、場所によっては「うじゃうじゃ」いま
す。成虫の姿で冬を越し、ほぼ一年中活動します。


                               (2010.8.31:三井楽町)

数の多いところで水中に手を入れると寄ってくることがありますが、油断し
ているとかみつかれることがあります。ケガをするほどではありませんが、
多少痛いです。もっとも、人にかみつくというのではなく、「食べ物かな?」
という感じでかんでいるのではないでしょうか。観察すると、あちらこちらと
忙しそうに泳ぎ回っていますが、きっと水中のいろいろなものにかみつい
ているのだと思います。


                                            
今でこそ、福江にたくさんいると知っているコガタノゲンゴロウですが、子ど
もの頃は一度も見たことがありませんでした。私は基本的に徒歩圏内で
遊んでいたのですが、近くの田んぼなどにはいなかったのか、見つけられ
なかっただけなのかわかりません。


                               (2011.3.11:三井楽町)

ただ、こんな記憶はあります。1970年代から80年頃ですが、福江小学校
の横にかつて教育会館という建物がありました。そこでは、たぶん毎年、
子ども達の夏休みの作品展が行われていました。それを見にいくと、いつ
も気になるのが昆虫採集の標本でした。クマゼミやアブラゼミをたくさん並
べただけのものもあれば、中には立派な標本箱に本格的な標本を並べて
いるものもありました。当時は採ったこともなかった大きなミヤマクワガタ
やノコギリクワガタ…そして、「ゲンゴロウ」がそこに一つあったのです。
あんな大きなゲンゴロウ、いったいどこで採ったのだろう…と、強く興味を
かき立てられるとともに羨望を覚えたものです。今思えば、あれはコガタ
ノゲンゴロウだったのでしょう。


                             (2016.8.29:岐宿町・中嶽)

2016年現在、環境省の最新レッドリスト(2015)では絶滅危惧U類(VU)
長崎県の最新レッドリスト(2011修正版)でも同じく絶滅危惧U類(VU)
なっています。さらに全国の30以上の都道府県で絶滅危惧種とされて
いる状態で、栃木県、東京都、神奈川県、それから愛知県、大阪府、京
都府、和歌山県では絶滅したと考えられています。
 地域によっては希少なゲンゴロウですが、とりあえず現状の福江島で
は、極めて普通に見られる存在です。
このままであれば良いのですけどね。
(2016.9.4)
(※2012年に書いた記事内容が古くなったので、新しい写真を加えて改訂)


参考資料 「福岡県の水生昆虫図鑑」 井上大輔・中島淳
       「山渓ポケットガイド 水辺の昆虫」 山と渓谷社
       「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※一覧に戻る