早起きは珍虫の得
ホソクビキマワリ(ゴミムシダマシ科)
Stenophanes rubripennis



                                   (2008.7.20:七ツ岳)


★分布:本州〜九州(図鑑によっては北海道〜本州とも)  ★大きさ:2センチほど

日本百名山ならぬ「九州百名山」なるものがあって、それにも選ばれているという
福江唯一の山が、七ツ岳です(ななつだけ、ななんたけ、ななたけ)。
どうでしょう。まるで山脈のようではありませんか。実際は4百m級の山なのですけど。



08年秋のある日、私は夜明けとほぼ同時にこの山の山頂に到着しました。
この時期に福江にやってくる渡り鳥・ハチクマの渡りを七ツ岳山頂から
見てみようと思ったのです。日本各地から集まり、島に滞在したハチクマは
夜明けとともに旅立っていきます。それを七ツ岳から見ようと考えたわけですが、
この日は大外れでした。真っ暗な中を登って着いた山頂は真っ白な霧の中でした。
何にも見えない…いったい何のために登ったのか…。

山頂は6畳ぐらいのスペースでしょうか。私は霧の中で、咲いていた見知らぬ花や
霧の水滴がついたジョロウグモの網を見ていました。
そこでふと、地上にあった棒切れ(登山者の杖)の上に一匹の虫を見つけました。
それがこれ、ホソクビキマワリです。



初めて見る虫で、最初は名はわかりませんでしたが、ゴミムシダマシという甲虫の
一種だろう、とはすぐに見当がつきました。そして、ふとある記憶が頭をかすめました。
それは、ゴトウユミアシゴミムシダマシ。七ツ岳でたった一回?しか見つかっていないと
いう、福江島の特産種です。私は、これがもしかしたらそうかもしれない!と思い、
写真を撮影したあと、採集してフィルムケースに入れました。
しばらくして「貴重な虫かもしれない」ということで、私はビデオでも撮影しておこうと
考えました。ということでフィルムケースから出し、撮影をしたのでしたが、奇妙なことに
ほとんど動かないでじっとしていました。数分も撮影していたのに、です。
ちょうどその時でした。突然、霧の中からハチクマが現れました。わずか10メートルほどの
距離だったでしょうか。私は思わず、ビデオをそちらに向けました。しかし、ハチクマは
私のカメラに収まることなく霧の中に消えていったのです。
その間、わずか30秒あまりだったでしょうか。やれやれ、じゃあ、虫を回収するか…と
思って地表を見ると、いない!いないではありませんか!
もう二度と会えないかもしれない虫かもしれないというのに。私は付近を探し回りましたが、
もう見つかることはありませんでした。霧が晴れはじめ、玉之浦湾が見えました。



下山してから、私は知り合いの昆虫コレクターにこの虫の写真を送りました。
手持ちの図鑑にも載っていなかったので、何の種類か見てもらおうとしたのです。
そして、回答が来ました。結果は…「ホソクビキマワリ」。ゴミムシダマシの仲間では
ありましたが、幻のゴトウユミアシゴミムシダマシではなかったようです。



ただ、このホソクビキマワリもそれなりに珍しい虫のようです。写真を判定してくれた
コレクターも、数十年の採集歴の中でたった一度しか出会っていないと言います。
「ぜひ欲しい!」ということだったのですが、残念ながら逃してしまいました。
次に出会うことはあるのか、ないのか。
全くの偶然、霧の中の一瞬の出会いでした。
(08.10.3記)


※甲虫@一覧へ戻る