謎の解けない名前  
ムーアシロホシテントウ
(テントウムシ科)
Eocaria muiri



                             (2013.6.7:三井楽町・浜の畔)


★分布:北海道〜九州、奄美大島  ★体長:4・5ミリほど  ★成虫が見られる時期:5月〜

オレンジ系の体に、白っぽい斑紋が特徴的なテントウムシ。日本の広い
範囲で見られ、成虫は5月頃から現れます。シロホシテントウという、よく
似た種類がいますが、斑紋の数で見分けられます。
アブラムシ類を食べると書いている図鑑と、植物につくカビを食べると書
いてある図鑑がありますが、前者のほうが多数であるようです。



エノキやケヤキ、ササ類の上にいることが多いというのですが、撮影した
個体も、三井楽町にあるエノキの幹にいました。

同じエノキの葉には、ムーアシロホシテントウの幼虫も見られました。ガの
幼虫と思われるものを捕らえて食べています。



そういえば、名前の「ムーア」とは何なのか、少し調べてみましたがよくわ
かりませんでした。学名に付いている「muiri」のことかとも思いましたが、
例えば、ガの仲間であるムーアキシタクチバの学名にはそんな文字列は
ありません。もっとも、ムーアシロホシテントウとムーアキシタクチバのム
ーアが同じものを指しているのかどうかも不明ですが。ムーアといえば、
マイケル・ムーアという映画監督の名を思い浮かべてしまう人も、最近で
は多いかもしれませんね。
(2016.5.28)


※参考資料

「ポケット版 学研の図鑑1 昆虫」 学研
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
「講談社の動く図鑑 move 昆虫」 講談社

※一覧へ戻る