模様はバラエティに富む  
ナミテントウ (テントウムシ科)
Harmonia axyridis



                             (2006.6.4:旧福江市木場町)


★分布:北海道〜九州  ★体長:6.5ミリ  ★成虫が見られる時期:4月〜秋

ご存じテントウムシです。北海道から九州で見られ、大きさは6・5ミリほど
になります。幼虫の時から、草木につくアブラムシ類を食べます。背面の模
様にはいろんなタイプがあって、それらを眺めるのもなかなか楽しいもの
です。

冬になると一カ所にたくさん集まって越冬することが知られており、私も北海
道の富良野で、コンクリートの壁に100匹以上も集まっているのを見たこと
があります。また、長野県の黒姫高原に行ったときは、宿の部屋の中に数
十匹ものナミテントウが入ってきて驚きました。暖かいところに集まってきた
のでしょうか。福江でもこういう場所があるのかもしれません。
(2007.7.1記)
(2016.5.28少し改訂)


※参考資料

「ポケット版 学研の図鑑1 昆虫」 学研
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社


※一覧へ戻る