鼻ヅラは短いですが
ミヤマヒゲボソゾウムシ (ゾウムシ科)
Phyllobius annectens



                                 (2011.5.5:玉之浦町・上の平)


★分布:北海道〜九州    ★大きさ:9ミリほど    ★見られる時期:5〜7月

神社の境内に植えられたカエデの葉の裏で見つけました。初めて見る虫で、
パッと見では何の仲間かよくわからなかったのです。が、いろいろ調べてみると
ゾウムシの一種であることがわかりました。



ゾウムシと言えばゾウのように伸びた長い口先が特徴ですが、そうでない種類も
いるのです。体は1センチ未満と小粒ですが、体はメタリックグリーンや赤に輝き、
なかなか美しいです。赤味を帯びた足は、内側の節が太くなっているのも
特徴と言えるでしょう。その節にトゲがあるせいか、
トゲアシヒゲボソゾウムシともいうらしいです。



山地の広葉樹の葉を食べます。
(2011.8.17記)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社

※甲虫@一覧へ戻る