林を徘徊する肉食昆虫  
オオオサムシ(オサムシ科)
Carabus dehaanii



                                     (2006.5.27:笹岳)


マイマイカブリと同じく、オサムシと呼ばれるグループの一種です。
基本的には夜行性で、山地の林の中を歩き回り、強力なアゴで昆虫やミミズなどを
捕らえて食べます。本州から九州で見られ、大きさは3センチほどになりますが、
私の知り合いの昆虫博士によれば、福江島産は日本最大になるとのこと。
マイマイカブリも福江産が日本最大ですから、福江は大型オサムシの島ともいえそうです。

島内では、ちょっと山のほうに行けば普通に見られます。
基本的には夜行性のようですが、日中でも林の中を歩いているとよく見かけます。
「カサカサ、カサカサ」と落ち葉の音がすればだいたいこの虫の仕業です
歩くスピードがかなり速いうえ、薄暗い林の中ということもあって
写真を撮るのはなかなか苦労します。まだいい写真はありません。

福江市街地近くでいえば鬼岳付近や笹岳など、山のほうに多い虫ではありますが、
平地にもいます。私の伯父の畑にも結構いました。
オサムシなど、夜歩き回る虫は、ワナをつかうとたくさん採れます。
例えば、林に紙コップを埋め、中に肉などのエサを入れておくのです。
翌日に見に行けば、オサムシやゴミムシ類がほとんど必ず入っています。
場所によっては、庭や畑でもできます。やってみるとなかなか面白いですよ。
(2007.6.30記)


※甲虫@一覧へ戻る