飛び方に注目
ヨツスジハナカミキリ (カミキリムシ科)
Leptura ochraceofasciata ochraceofasciata



                                (2009.7.19:岐宿町・浦の川


★分布:日本全土  ★大きさ:15ミリ   ★出現期:6〜9月
 
夏、いろいろな花に集まる、小型でやや細いカミキリムシ。
黒と黄色の縞模様が印象的です。花の上を素早く歩き回り、
よく飛びます。色合いがハチに似ていますが、特に飛んでいる時は
見間違えやすいです。

7月の福江ではリョウブの花によく来ていました。1本の木に20匹以上もが
群がっていることもありました。その木のまわりでは常に数匹が花のまわりを
飛び回っていたのですが、なんだか、飛んでいる姿が変なのです。
ということでシャッタースピードを速くして撮ってみると、その違和感の
原因がわかりました。



なんと、飛んでいる時は一番後ろの足を背中側に
大きく反らせているのです。まるでスカイダイビングみたいですね。



こんな飛び方をして、何かいいことがあるのでしょうか?
なかなか面白い奴だなと思いました。
ちなみに、福江島のヨツスジハナカミキリは他地域のものに比べ、
全体的に黒っぽいのだそうです。
(2009.7.25記)


参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社) 「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
    
 「フィールド図鑑 昆虫」(東海大学出版会)


※甲虫@一覧へ戻る