福江島産は日本最大
マイマイカブリ(オサムシ科)
Damaster blaptoides


ヒョウタンのような形をした大型の甲虫(こうちゅう)です。
首は細長く、大アゴを持っていてミミズやカタツムリをとらえて食べます。
カタツムリ(マイマイ)の殻の中に頭を突っ込んで食べている姿から
マイマイカブリの名前がつきました。本州〜九州に分布し、大きさは
40〜65ミリということですが、福江島のものは日本で最大になります。
中には70ミリを超えるものもいるそうで、それを狙う昆虫コレクターが
しばしば来島しているようです。飛ぶことができないので、各地域で
独自の変化を遂げたらしく、産地によって大きさや色にかなり違いがあります。


               (2006.8.14:福江島某所にて17:30)

上の写真は福江市街から車で10分ほどのある森で撮影したものです。
本来、マイマイカブリは夜行性で日中はなかなか見られませんが、
この時は17時過ぎ、薄暗くなった森で、木の幹にとまっているのを見つけました。
暗かったのでデジカメのフォーカスがなかなか合わず、
手間取っているうちに幹の高いところへ上っていってしまいました。



子どもの頃、マイマイカブリは嫌な虫でした。危険を感じると
お尻から強烈な臭いのする液体を発射するのですが(目に入ると危険)、
小学生の頃、庭で見つけたこの虫をいじっていてその液をくらったことが
あります。私が来ていたジャージ全体にはその臭いがついてしまい、
ずっととれませんでした。小学校で草取りなどをした時や
夏休み早朝のラジオ体操の時などにも見つけることがありましたが、
棒などで追っ払っていたものです。

下の写真は、夜遅くに木のうろにいたものを撮影しましたが…
夜の撮影は難しいものです。
                  

             (2006.8.11:福江島某所にてPM10:30)


福江島には、この虫を捕りにくる昆虫コレクターが結構います。
ただ、昆虫採集用のトラップ(ワナ)をそのまま捨てて行ったり、
枯れ木をたたき壊してそのままにしている人がいることには閉口します。
昆虫マニアの皆さん、ちゃんと責任を持って始末していって下さいね。
(2007.6.20記)

09年冬、久しぶりに東京・上野の国立科学博物館に行きました。
すると、なんと福江島産のマイマイカブリの標本が展示されていたのです。



昆虫の標本がたくさん並んでいるエリアです。
昔からあったのかどうかは知りませんが、
気が向いたら見に行ってみて下さい。
(09.8.1追記)


※甲虫@一覧へ戻る